DTP Transitでタグ「配置画像」が付けられているもの

Adobe Creative Stationで鷹野 雅弘(スイッチ)が連載している「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」で公開された「埋め込み?リンク?ビットマップ画像の配置と、配置した画像の二次利用」の記事の補足です。

ワークフロー図

本日(2017年4月6日)リリースされたIllustrator CC 2017(21.1.0)で「画像の切り抜き」機能が追加されました。

配置画像をリンクのままにしておくDTPユーザー向けでなく、納品用など、画像を「埋め込み」処理するフローに向いています。

流れ

  1. 画像を選択し、コントロールパネルの[画像の切り抜き]ボタンをクリックする

    または、[オブジェクト]メニューの[画像の切り抜き]をクリック

  2. 切り抜きウィジェット(切り抜きのハンドル)が表示されるので、切り抜きたい領域を指定する

  3. コントロールパネルの[適用]ボタンをクリック(または、 enterキーを押す)

  4. アラートが表示されるのでクリックする

リンク画像は、埋め込まれますが、元のファイルが消えるわけではありません。

テキストまわりの増減

テキストまわりに関しては、デフォルトでキーボードショートカットが用意されています。 文字サイズ以外、commandキーを加えると、10ずつ増減。

カテゴリ
文字サイズ2ptずつcommand + shift + ,command + shift + .
10ptずつcommand + option + shift + ,command + option + shift + .
行送り2ptずつoption + ↑option + ↓
10ptずつcommand + option + ↑command + option + ↓
ベースライン2ptずつoption + shift + ↑option + shift + ↓
10ptずつcommand + option + shift + ↑command + option + shift + ↓
カーニング20(/1000em)option + ← option + →
100(/1000em)option + command + ← option + command + →
トラッキング100(/1000em)option + command + ← option + command + →

細かいことですが、「行送り」のキーボードショートカット、「行間を広げる=行送りの値を増やす」ので[↑]かと思いきや、見た目の移動方向と同じ[↓]。ベースラインシフトも同様です。

「あるといいな!」を実現するアクションとスクリプト

線幅、(フォントファミリーの)ウエイト、オブジェクトサイズなど、頻繁に使うにもかかわらず、キーボードショートカットが用意されていないものには、スクリプトやアクションで対応するとよいでしょう。

線幅

前者は有料ですが、テキストの線幅にも対応。 増減の値は、環境設定の[キーボード入力]に準ずる。

(フォントファミリーの)ウエイト

前者はキーボードショートカットで順番に。後者は、ダイアログボックスを表示して上下の矢印キーで変更。

両者ともに、ウエイトの順番ではなく、アルファベット順(「L→M→B」でなく、「B→L→M」)になってしまうのが残念。

2015年2月4-6日、サンシャインシティコンベンションセンターで開催されるpage2015の会場内「クリエイティブゾーンセミナー」にて、2月5日(木)、鷹野 雅弘(スイッチ)が「Illustratorでの配置画像事情2015」セッションを担当しました。

170名の方にご覧いただいたそうです。ありがとうございました。

Illustrator CC、Photoshop CC、InDesign CCでの配置画像のリンクと埋め込みについてまとめてみました。

IllustratorPhotoshopInDesign
メニューからの配置リンク[ファイル]メニューの[配置]をクリック
[配置」ダイアログボックス内で[リンク]オプションをチェック
[ファイル]メニューの[リンクを配置][ファイル]メニューの[配置]
キーボード
ショートカット
command+shift+Pキーcommand+D
埋め込み[ファイル]メニューの[配置]をクリック
[配置」ダイアログボックス内で[リンク]オプションをオフに
[ファイル]メニューの[埋め込みを配置]
Finderからの配置リンクドラッグ&ドロップoptionキーを押しながらドラッグ&ドロップドラッグ&ドロップ
埋め込みshiftキーを押しながらドラッグ&ドロップドラッグ&ドロップ
配置後埋め込み
(配置後)
パネルメニューから[画像を埋め込み]
コントロールパネルから[埋め込み]ボタン
レイヤーパネルでレイヤーを右クリックし
[リンクされたアイテムの埋め込み]
[リンク]パネルメニューから[リンクを埋め込み]
埋め込み解除[リンク]パネルメニューから[埋め込みを解除][リンク]パネルメニューから[リンクを埋め込み解除]

[リンク]パネルを表示する
キーボードショートカット

([リンク]パネルがない)command+shift+Dキー
フォルダーに再リンク
ファイル拡張子にリンクを再設定

CCでは、次の点が古いバージョンと異なります。

  • Illustratorは、CCから埋め込み解除をサポート
  • Illustrator CC(17.1)から[ファイル]メニューの[配置]にデフォルトでキーボードショートカットがついた
  • Photoshop CC(14.2)から[ファイル]メニューの[リンクを配置]をサポート

InDesignにIllustrator(およびPDFの)を配置するときのオプションが、ちょっと難解です。ちょっと自信ないので、ツッコミ歓迎です。

IdCC-place-PDF-2-s.fw.jpg

InDesignのヘルプには次のように記述されています。

PDF(または Illustrator 9.0 以降のバージョンで保存されたファイル)を配置する場合、配置ダイアログボックスの「読み込みオプションの表示」を選択すると、ダイアログボックスに次のオプションが表示されます。

オプションを表示にしてみました。

項目名説明
バウンディングボックス PDF ページのバウンディングボックス、つまり、ページマークも含めて、ページ上の全オブジェクトを囲む最小限の領域を配置します。「境界線ボックス(表示中の レイヤーのみ)」の場合は、PDF ファイルで表示されているレイヤーの領域のみで配置され、「境界線ボックス(すべてのレイヤー)」の場合は、PDF ファイル内のすべてのレイヤー(非表示のレイヤーも含む)の領域で配置されます。
アート (例えばクリップアートなどの)配置可能なアートワークとして PDF の発行者が定義した領域だけを配置します。
トリミング Adobe Acrobat によって表示または印刷される領域だけを配置します。
裁ち落とし 裁ち落とし範囲が存在する場合、すべてのページ内容をクリップする領域だけを配置します。 ページを印刷物の製造環境で出力する場合に便利な設定です。 プリントされたページでは、裁ち落としの外側にページマークが表示される場合があることに注意してください。
メディア ページマークも含んだ、元の PDF ドキュメントの物理的な用紙サイズ(例えば A4 の用紙サイズ)の領域を配置します。
トンボ トリムマークが存在する場合、印刷工程で実際にカットされる最終的なページの領域だけを配置します。

さらに図版が掲載されています。

df_06-2.jpg

次のようなご質問をいただきました。

よく使われているIllustratorのバージョン

「現在、印刷業界で多く使われてるイラレのバージョンってなんでしょうか?」については、半年に一度くらいのペースで行われている吉田印刷所さんの「バージョンアンケート」が参考になるでしょう。

Adobe Creative Cloudのみのアップデート、Illustrator CS6(16.1)では、パッケージ機能の追加だけでなく、[リンク]パネルも強化されています。

埋め込みの解除

[リンク]パネルで埋め込み画像を選択し、パネルメニューから[埋め込みを解除]を実行すると、ファイルの保存先が指定するダイアログボックスが表示されます。

Adobe Creative Cloudのサブスクリプション契約しているIllustrator CS6のみに、16.0.116.1アップデータが配布されています(でも、これでもいけちゃうのかな...)

Illustrator CS6を起動して、[ヘルプ]メニューの[アップデート]をクリックしてAdobe Application Managerを開きます。右下の[アップデート]ボタンをクリックします。

2011年6月30日(木)アップルストア銀座で開催したDTP Booster 028のフォローアップが各出演者のブログで行われていますのでご紹介します。

埋め込み画像を収集するには、DHT Imagefinderがあります。

なお、当日は115名の方にご参加いただきました。最後に、アドビ システムズでIllustratorのプロダクトマネージャーをされている岩本さん(いわもとぶろぐ)の飛び入りもありました。

IMG_1985.jpg

dhtif.png

「Illustratorに配置画像を忘れて困った」、「Illustrator CS2以降に対応する『イラレの鬼』はまだ?」という方に朗報です。

札幌の「有限会社たま」からDHT Image finderというアプリケーションがリリースされました。

主な機能は次の6つ。

  • Adobe Illustrator® のリンク画像収集機能
  • サムネイル表示機能
  • 制作バージョン、保存バージョンの確認
  • カラー情報確認機能
  • 画像情報表示機能
  • フォント情報表示機能

Mac OS X 10.4以上、IllustratorはCS-CS5まで対応とのことです。

販売価格3,900円のところ、3月末までは1,980円とのことです。このチャンスをお見逃しなく!(3月8日から販売開始)

情報ソース::: イラレの鬼の再来!『DHT imagefinder』がなかなか良い! | DTPデザイナーの育児日記 ::

Illustratorドキュメントにビットマップ画像を配置する場合、「埋め込み」か「リンク」かは悩ましい問題です。

ちなみに、[配置]ダイアログボックスにて[リンク]にチェックをつければリンク、チェックをオフにすれば「埋め込み」で配置されます。

place_as_link.png

ざっとそれぞれのメリットとして次のようなポイントが挙げられます。

リンク

  • Illustratorドキュメントは軽いまま
  • option+ダブルクリックでPhotoshopなどに戻り、ビットマップ画像を再編集可能
  • Illustratorのコマンドによっては、埋め込まないと対応できない
  • リンクファイルを添付しなければならない

埋め込み

  • Illustratorドキュメントが重くなる
  • ビットマップ画像の再編集ができない
  • ビットマップ画像を取り出しできない
  • 埋め込んだファイルは、原則としては添付する必要がない(慣習的に添付するケースも多い)

InDesignにIllustratorネイティブデータ(.ai)を配置する際、デフォルトではアートワークの部分のみが配置されます。

Illustratorのドキュメントサイズで読み込んで、位置合わせを行いたい場合などには、[ファイル]→[配置]をクリックした後、[配置]ダイアログボックスにて[読み込みオプションを表示]にチェックを付けます。

place-ai1.png

ある掲示板に「Illustratorに張られている画像の縮小拡大率をAppleScriptで得るにはどうしたらいいのでしょうか?」という質問が書き込まれていた。

私がみたときはすでにその質問にはほかの方によって回答されていて、問題は解決済みだったのだけど、以前私も同じ問題でつまずいたことがあり、これに引っかかる人は結構多いのかもしれない。

何かの参考になるかもしれないので、私が引っかかったときの経緯と解決方法を記事にしておこうと思う。

あらかじめ申し上げると、私はこの問題の数学的な解決法の部分についてはすべて人から教えてもらった(感謝)。が、私自身は数学はおろか算数ですらおぼつかないレベルであるため、教えていただいた数式について「どうしてそうなるのか」はまったく理解していない(笑)なので、この件について「もっと(数学的に)詳しい説明を!」などと求めないでほしい。

Adobe InDesign CS/CS2 文書を InDesign CS3 で開き、配置された画像へのリンクを更新あるいは再リンクを行うと、配置された一部の Adobe Illustrator(- .ai)ファイルまたは PDF ファイルの位置がわずかに移動します。

とのことです... 結構、深刻な問題ですよね。

IllustratorのプラグインPlugXシリーズなどを開発している(株)地理情報開発から、Illustratorドキュメントに含まれている画像を外部ファイルに書き出して、さらにそれをリンク形式で配置し直すIllustratorプラグイン「Replace Raster」が公開されています。

対応バージョンは、Illustrator 8-CS3(Mac版・Windows版)。なんと、フリーです。

使用するには、埋め込んだ画像を選択し、メニューバーの[フィルタ]→[PlugX]→[Replace Raster]を選択します。

よくいただくご質問、Illustratorでインライン入力をオフにすることはできますか?についてお答えします。

Illustrator CS以降(CSとCS2)ではインライン入力をオフにすることはできません。株式会社地理情報開発さんが作成されたプラグイン「エディットボックス」を利用すると、おおよその目的を果たせます。また、埋め込み画像を外部ファイル保存して、リンクし直すプラグイン「Replace Raster」も重宝するプラグインです(対応はCS4まで)。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る