DTP Transitでタグ「URL」が付けられているもの

InDesignを使用しているとき、次のようなケースで困る場合があります。

  • URL(意図しないところで改行させたくない)
  • スペルチェックさせたくないフレーズ(あえて、表記を変えているものなど)
  • ソースコード:間抜け引用符で記述すべきところ、変換されてしまう

icn_Cloud_512.png

「メール添付にはちょっと重い」とか、「Facebookでこの画像を見せたいけど、コメントに画像を添付できない」といった場合、みなさんなら、どうされますか?

たとえば、FTPを使う場合、次のような手順が必要です。

  1. FTPクライアントアプリを開く
  2. ファイルをドラッグ&ドロップでアップロードする
  3. アップロードされたファイルを右クリックしてパスをコピー
  4. メール(やFacebookなどに)ペースト

個別にお伝えしてきているのですが、ちょっとまとめておきます。

Webのコンテンツを消してしまうのはもったいないです

iStock_000004619850XSmall.jpg

コンテンツは財産です。たとえば、イベントのページは、そのイベントが終了して数年たったとして、あとから検索した人がそのイベントの内容や出演者などを知る情報源として価値があるものです。

イベント主催側にとっても、出演者にとっても実績としてのエビデンス(証拠的なもの)です。

単純に、そこにアクセスしたユーザーは「そのページはありません」と言われると残念ですし、まったく違うコンテンツになってしまっているとビックリします。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る