【コラム】カテゴリの記事

aki-beta.jpg

昨日、NPO法人クリエイター育成協会さんのブログ記事『DTPデザインの基本「文字間隔」について』に横やり指摘が入り、最終的に記事を取り下げるという一件がありました。

それを受けて、「Illustratorで和欧間の前後や句読点に続くアキを「なし」にするために、[アキを挿入]を「ベタ」にするのはバッド・ノウハウというより、間違った使い方です」というエントリーを書いていたんですけど、「いや、それもアリかも」っていう気がしてきました。

何かのやりとりで、次のような発言があったのですが、

なかなか、アドビのショートカットが覚えられません・・・・

英単語を覚えるのと同じ。30回、50回、100回繰り返せば覚えます。逆をいうと、体で覚えるしかない。

pixta_6998663_M.jpg

キーボードショートカットは思い出しながら使うのでは、キーボードショートカットの一番のメリットである「スピード」をないがしろにしてしまいます。

そういう意味では、よくキーボードショートカット一覧表を貼っておく、という方もいますが、あれも意味がない。

DTP Transitでは、IllustratorとInDesignのキーボードショートカットが異なるので自分はIllustratorに合わせて(InDesignにあわせて)変更する、という話題がよく出ますが、Illustrator、InDesign、Photoshopを切り替えながら作業するとき、「はい、今はInDesignを開いているからcommand+Dキー。今はIllustratorだからキーボードショートカットはないからメニューから」のように判断していては、総合的な作業時間にはずいぶん差が出ます。

効率化、標準化

「仕事が速く終わること」(効率化)、「誰がやっても同じ結果になること」(標準化)、「“直し”に対応しやすいデータを作ること」は、表裏一体の関係です。

同様に、よく使うものを探しやすく整理しておくこと、もここ数年のテーマとして取り組んでいます。データだけでなく、単語登録もしかり。

いいかえれば、フローからストック、プロジェクトからルーティン、という感じ。

このような話題はあまり扱わないようにしているのですが、お正月モードにつき。

「日時」を「日 時」のように記述(表現)することがあります。

そもそも、どうして均等揃えにしたいんだっけ?を考えると、次のような理由が考えられます。

  • 項目名の一番右の文字のツラを揃えたい
  • 項目名と対応する情報(「日時」と「2013年9月21日」)が離れると関連性がわかりにくくなる(※左寄せの場合。右寄せにすれば解決)

しかし、項目名を均等割付するのは、単純に、ワープロ時代からの悪しき慣習によるものが多いのではないでしょうか?

私たちは、1文字ずつでなく、チャンク(複数の文字のカタマリ)で単語を認識しています。不必要に文字が離れているのは、読みにくいと思うのです。

追記(2013年7月29日):

エントリー全体を整理、リライトしました。

pixta_194866_S.jpg

「会社のロゴデータを送ってください」とお願いすると「logo.ai」というデータが来たり、「顔写真送ってください」とお願いすると「picture.jpg」なんていうファイルをいただく度に、ちょっと悲しくなります。

データの送付先には人がいます。想像してみてください。「会社のロゴデータ」を数件集めている場合、受け取った人間のところには、いくつもの「logo.ai」が集まってしまいます。

  • 同じ階層に、同じファイル名を置けないのでリネームする必要がある
  • 違う階層にあった場合、パッケージ(=ファイル収集)などを行った場合、コンフリクト(=衝突)してしまう
  • Quick Look、または、ファイルを開かない限り、内容がわからない(配置時にも一手間かかります)

そんなわけで、常にデータを受け渡しすることを前提に、固有のファイル名を付けておくのが正解だと思うのです。

見積・請求管理に「ファイルメーカーPro 6」を使っています。のらりくらりアップグレードを避けてきたのですが、さすがにムリそうということで年明けに「FileMaker Pro 10」 を新規購入しました。

とにかく困っているのがUI変更。ファイルメーカーといえばカード型データベースと表現されますが、これまでレコードは上下にめくるというメタファーだったのですが、なぜか左右に変わっているのです。

Illustrator CS6は、Photoshopと同様、黒い画面になるようですが、このようなイタズラなUIが行われていないことを祈るばかりです。

上記のファイルメーカーでいうと、左側にあったボタン類を上部に移動したため、それにはまるように、ということだと思うのですが、バージョンアップにおけるUIの変更は、キレイにまとめることではなく、既存ユーザーの操作感(UX)を損ねないことだと思うのです。

ファイルメーカーのUI変更を担当された方は、確実にファイルメーカーを使っていないと断言できます。使ってから検討しようよ。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る