InDesignからePub書き出しする光と影

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2010年8月 9日、更新日:2010年9月 6日

本日、市川せうぞーさんがtwitterで次のように発言されていました。

何度もいうが、InDesignは商業印刷物をつくるためのプラットフォーム。EPUBを生成するためのアプリケーションじゃない。なぜわざわざ面倒なバッドノウハウを重ねるのか? ちなみに、ADPPに過度な期待があるみたいだけど、みんなアプリを作りたいわけじゃないよね。less than a minute ago via web

私なりにInDesignからePub書き出しするいい点/悪い点についてまとめてみました。

よい点:

  • 手慣れたアプリを使って作業できるのは、やっぱりほっとする
  • 手軽にePub構造のファイルを書き出せる

注意点(ワーフフローを見直さなければならない点)

  • ファイル名に日本語は厳禁
  • 段落スタイル名にも日本語は厳禁
  • 「<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">」を「<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">」のようにする必要あり(この作業はInDesignでは行えないのでSigilなどを利用)
  • InDesignが自動変換してくれるが、やっぱり最適化した画像を用意した方がよい

よくない点:

  • export-epub2.jpgいかんせんInDesignのはき出すCSSが冗長すぎる。ほぼ空のCSSファイルを書き出し、その後、Dreamweaverなどを使って編集した方がよいのでは?(キャプチャ画像を参照)

その他

  • たとえば、すでにレイアウトされている原稿があった場合、1フレームにする手間を考えると、テキストだけDreamweaverに持ち込んでマークアップした方が(ある程度)Dreamweaverに慣れていればはやい

まとめとメモ

  • 市川せうぞーさんの意見には半分賛成、半分反対。DTP側の人間が、InDesignを離れて、HTML/CSSを手打ちしたり、Dreamweaverでの作業のウエイトが上がるのは苦痛だと思う(そっちの方が本筋だと思うけど)
  • 実装のスキルと、たとえば、デフォルトのフォントサイズはどのくらいがよいのか、といったノウハウは別もの
  • InDesignがメニューコマンドにEPUB書き出しをうたうなら、もっと実用レベルの実装を行うべき
  • DreamweaverからePub書き出しするソリューションがあれば、これがベストかも

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る