2013年の電子書籍:固定レイアウト

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2013年11月 5日、更新日:2017年4月17日

maincover_after.jpg

『WIRED』 保存版特別号「WIRED×STEVE JOBS」を購入したところ、紙版の購入者は、PDFをダウンロードできるとのことで、紙、MacとiPad miniで読んでいて感じた点など。

Macで固定レイアウトのPDFを読む

  • MacBook Pro 15インチ程度の画面では、誌面と同じレイアウトのPDFは文字が小さくて読む気がしない。よって、拡大して読みたい
  • Acrobatのバグでスペース+commandキーでの組み合わせでうまく出ないこともあり、また、スクロール時にスペースバーを押すのがなにげに面倒

iPad miniで固定レイアウトのPDFを読む

  • 画面を拡大・縮小しながら、スクロールしながら読むのに、iPadは最適(retina化されていないiPad miniを使っての感想)

Clip2 from swwwwitch on Vimeo.

InDesignからの固定レイアウト

  • 固定レイアウトの電子書籍はPDFでいい、というより、PDFがいい。Macでも読めるし。
  • ADPSの初期バージョンでは、拡大ができなかったけど、今はできるんでしょうか...

ご参考:

Acrobatの問題

  • マーキーズームツールがデフォルトで表示されない → Acrobat Xでマーキーズームツールを使用する(command+スペースバー、またはスペースバー+commandキーでの切替が遅延するバグあり)
  • フルスクリーンモードのとき、見開きで表示できない
  • Retina対応されていない
  • トランジション(フルスクリーンの効果)が古くさい...
    Acrobat-Transition-Disolve.jpg

追記(2013年11月5日):

あ、そうだ、最近のMacは、トラックパッド推しだったんだ!と思い、試してみたのですが、Acrobatだと全然ダメ。プレビュー.appなら、そこそこですが、iPadでのスムーズさにはかなわないですね...

gestures_20100727.png

デバイスと対応フォーマットのまとめ

Mac版のiBooksがプレビュー.appを包含して、iBooks内でPDFを開けるようになるといいのに(関連付けをプレビュー.appにしてしまうと何かとつらい)。

 EPUBPDFマルチタッチブック
iBooks(iPhone)
iBooks(iPad)
iBooks(Mac)

Adobe MAX Japan 2017の前日に非公式前夜祭「maxonomy 2017」を開催

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る