フォントワークスLETSがいつの間にか、インストールにCD不要になってた

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2012年11月21日、更新日:2015年4月 8日

モリパス(モリサワパスポート)と並び、定額制のフォントライセンスサービスの先陣を切った「フォントワークスLETS」ですが、ちょっとやっかいななのが毎年ディスクが増えること。

年末近くに来ることが多いので後回しにしつつ、いざ、インストールしようと思うと「あのディスクがない」、「インストーラがない」など、途方に暮れてしまうことが多く、実際、ここ数年は、新書体のインストールすらしていない状況だったりします。

って、いうか、もう、最新のMacにはCDドライブ付いていないし...とか思いつつ、なにげなくドキュメントを読んでいたら、次のように書いてありました。

「LETS FontACEバージョン2.2」ではフォント管理機能はもちろん、インストーラとデータCDを使わずにフォントサーバからLETSフォントをインストールできるなど、大変便利な機能を備えています。

データCDを使わずにフォントサーバからLETSフォントをインストールできるって、すごい。超ウェルカムな流れです。

必要なものは次の4つ。

  • LETSインストーラCD
  • LETS Power Up Took Kit 2012 CD(LETS FontACEが入っている)
  • ライセンス証書
  • インターネットに接続できるPC環境

「LETSインストーラCD」は行方不明ですが、コピーしてあった「LETS Installer OTF.app」でOKでした。

上記の画面までは出たのですが、インストールできない... 左上のロゴの横の●がボタンではないのですかね...

補足

LETS FontACEは、LETS会員専用ホームページからダウンロードすることもできるようです。

追記:

フォントをインストールするには、フォントを選択後、[制御]メニューの[フォントのオン]をクリックする必要があるようです(UIの設計ミス...)。

なお、フォントは「/Library/Fonts/」内にインストールされます。

追記2:

追記分に関して、フォントワークスの方からご連絡いただきました。ありがとうございます。

フォントをインストールするには、フォントを選択後、[制御]メニューの[フォントのオン]をクリックするか、インストールしたいフォントの左側に表示されているチェックボックスにチェックを入れ「実行ボタン」をクリックします。
これは、毎年LETSユーザー様にお送りしているLETS POWER UP TOOL KITに付属するガイドブックの14ページにも書かれております。

とのことです。

なるほど、よく見るとチェックボックスがありました。でも、フォントはファミリーでインストールするので、ひとつひとつチェックボックスをクリックするのはナンセンスですし、そもそも、フォントを複数選択できてしまう意味がわからないですし、ガイドブックを読まなければわからないUIって、2012年的ではないですし、やっぱり、UIに難ありと認識された方がよいのではないかと思います。

このエントリーで一番言いたいことは、CD不要のインストールという発想はとてもナイス!ということです。

ご参考までに、LETSは2003年から、きちんとお金を払って継続しています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る