アドビから新書体「かづらきフォント」がリリース

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2010年2月 9日、更新日:2015年7月18日

KazurakiSPN.png

アドビから新しいOpenType書体「かづらきフォント」が発売されました。アドビストアで5000円にて販売開始されています。

日本語フォントは、仮想ボディと呼ばれる正方形のグリッド内にデザインされていますが、この「かずらき」は文字ごとに文字の幅や高さが異なります(右は、かずらきを使ってIllustratorで組んだもの:カーニングは「0」に設定。「継」だけ明朝になっていますが、かづらきは、すべての字体を持っているわけではありません)。

また、「この」「これ」「こと」「して」などは「合字」扱いで一続きの文字として表現されるようになっているとのことです。

追記(2015年7月18日):

2015年6月からかづらきがTypekitで使えるようになっています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る