複数回答のアンケートを集計する

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2013年11月 1日、更新日:2014年3月 5日

複数回答のアンケート設問への回答をExcelで集計するときのことを考えます。

COUNTIF関数

このような場合に使うのが「COUNTIF」関数です。「COUNTIF(範囲, 検索条件)」のように、参照するセルと合致させる条件を指定します。

同一条件

「=COUNTIF(A:A, "デザイントレンド")」のように指定すると、「デザイントレンド」はカウントされますが、「デザイントレンド, マークアップ」、「基調講演, デザイントレンド」はカウントされません。

  • 範囲の指定は「A1:A7」でもいいのですが、範囲のセルが増える可能性を見越して、A列全体という意味で「A:A」と指定
  • 「=COUNTIF(A:A, デザイントレンド)」ではカウントされないのでご注意ください。

ワイルドカード

カウントした文字列を関数の引数に書くのは面倒ですので、参照セルを記入すれば、""の記入は不要です。

「デザイントレンド, マークアップ」もカウントされるようにするには、検索条件を「デザイントレンド*」のように「*」を付けて設定します。

セルには「=COUNTIF(A:A,C13&"*")」のように「&を付けて」記入します。

完成形

「基調講演, デザイントレンド」もカウントされるようにするには、検索条件を「*デザイントレンド*」のように、キーワードの前にも「*」を付けて設定します。

セルには「=COUNTIF(A:A,"*"&C13&"*")」のように記入します。

関連している(と思われる)記事

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る