いろいろなプレゼンモード(Acrobat、プレビュー.app)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2013年3月11日、更新日:2013年11月 5日

プレゼンのためのスライドはKeynote、PowerPointで作成されることが一般的ですが、現場の状況(PCのコンディションや、入れ替えの手間の削減)のために、バックアップとして用意したPDFを使うケースが生じます。

Mac環境でPDFを閲覧にするには、「Adobe Acrobat」と「プレビュー.app」がありますが、その挙動について比較してみました。

Acrobat

[表示]→[フルスクリーンモード]をクリックしてスライドショーを開始。キーボードショートカットは、command+L(show in Large?/fuLL)。

バグ情報、注意点

(A)スペースバーでページをめくるとマウスポインター(InDesign-presenmode-7.jpg)が表示されてしまう

回避策は2つ

  • 矢印キーを使う
  • 環境設定の[フルスクリーン]カテゴリで、[マウスカーソル]を「常に隠す」に設定)

(B)ウィンドウのタイトルバーが消えない(Acrobat XIのみ)アップデーターで解消されたようです。

プレビュー.app

プレビュー.app(6.0.1、OS X 10.8)には、2つのプレゼンモードがあります。

スライドショー

  • [表示]メニューの[スライドショー]をクリック、または、command+shift+Fでスライドショーを開始
  • スペースバーを使うと、ディゾルブのトランジションが適用される(矢印キーを使うときにはトランジションは実行されない)
  • スペースバーを使ってスライドショーを実行すると、自動スライドショーになる(各ページの表示時間は4秒。スペースバーを押して、手動でめくることもできる)
  • 矢印キーを押すと、コントローラーが表示されてしまう。なお、このコントローラーの「▶▶|」は最終ページへの移動でなく、次のページを表示

フルスクリーンにする

  • [表示]メニューの[フルスクリーンにする]をクリック、または、command+control+Fでスライドショーを開始
  • トラックパッドを2本指でフリックすることで、手動で「押し出し」のトランジションを実行できる(矢印キーやスペースバーを使う場合には、トランジションは表示されない)
  • トランジション時、「66/105ページ」のように「現在のページ数/総ページ数」が表示されてしまう。プレゼン時、これはノイズでしかないので不要
  • スライドショー実行時に、command+option+Gでページ番号の指定が可能

「スライドショー」と「フルスクリーンにする」の比較

帯に短し、襷に長し... 使い分けが難しいところですが、「スライドショー」は自動スライドショー、プレゼンには「フルスクリーンにする」を使って、フリックでめくるのがよさそうに思います。

 ページめくりトランジションページ番号表示
矢印キースペースバートラックパッド
スライドショーディゾルブ
(スペースバー利用時のみ)
フルスクリーン押し出し
(フリック時のみ)

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る