「おこなう」は「行う」でしょ。と思っていたけど「いった」を考えると「行なう」がよさそうな気がしてきた

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2014年1月15日、更新日:2014年1月15日

ATOKなんかでは「おこなう」を入力しても「行なう」は出てこないですし、いやいや「行う」でしょう、と思い込んでおりました。

しかし、「行く」の過去形「行った」(いった)と、「行った」(おこなった)。どちらも同じ表記で異なる読みです。文脈を見れば、「いった」なのか「おこなった」なのかは判断できそうですけど、“紛らわしくない”っていうのは偉大と考えます。

itta.png

一応、許容されるそうなんですが、ややこしいので揃えちゃえばいいのに、と思ったり。

調べてみると、この問題、奥が深いですね...

法令の表記では、①「行う」と「行なう」のどちらを用いるべきでしょうか。②「取り扱い」「取扱い」「取扱」ではどうでしょうか。

1959年07月11日送りがなのつけ方の実施について(昭和三十四年内閣訓令第一号)から1973年06月18日送り仮名の付け方の実施について(昭和四十八年内閣訓令第二号)までの14年間は「行なう」が本則だったのです。

「行なう」肯定派の最大の論拠は「『行って』では、『いって』か『おこなって』かわからない」です。……それは読者の読解力をみくびりすぎていないでしょうか。ひとつの漢字に複数の読み方がある日本語では、漢字の読みは第一に文脈によって判断します。「いって」なのか「おこなって」なのか前後の文を読んでも判別不能な例を、わたしは考えつきません。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る