いただいた質問とその回答 2017(その他)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2017年12月31日、更新日:2017年12月31日
 

2017年に講師を担当したセミナーにて、セミナー前後やアンケートにていただいた質問への回答をまとめました。

もっといい方法や異なるアプローチがあれば、ご指摘くださいますとありがたいです。

画面をスポットライトのように表示していましたが、どうやっているのですか?

2つの方法で実現しています

  • Mouseposé(macOS用のユーティリティ、有料です)
  • SPOTLIGHT:プレゼン用のリモコン。つい数ヶ月前に発売になりました。Windowsでも使えます。

こちらもご参照ください。

同じようなテイストになってしまいがちです。引き出すを増やすには、どうすればよいですか?

通称「スタイルブック」と呼ばれる書籍があります。見出し、レイアウト、配色など、テーマごとに事例などが週力されているものです。

このようなものを数冊手元におき、「この案件を、このスタイルに当てはめてみたら?」というシミュレーションを行うのが手っ取り早く、また、効果的です。

先日同窓会の幹事をしましたが、参加者に渡す写真に一工夫を加えたものを作りたいのですが、何かありますか?

もう遅いかもしれませんが、集合写真だとすると、前回と同じ並びで撮ると、並べて楽しいですね。

また、一手間かけて、次のようなものを添えると、数年後見返すときに役立ちそうです。

WordとExcel、どちらを使えばいいですか?

それぞれに長所短所があるので、使いやすい方をお使いください。

さらに深掘りすると、Wordは罫線、Excelはシート(縦横の罫線)の影響を受けやすくなっています。

チラシのような制作物には、自由にテキストや画像を配置できるPowerPointが適しています。手紙のような制作物はWord、表を基本とするものはExcelが向いています。

受けての気持ちに立って!と言われても、個人の主観が先行してしまうし、なかなか難しい

「ロールプレーイング」という考え方がありますが、ゲーム性を持たせて「〜ごっこ」をしてみるのが有効です。その際、そのキャラクターが好むBGMをかけるなどの演出も有効です。

業界によっては、これを「ペルソナ」と呼んだりします。実際に、お客として、その店舗に訪れたり、同業他社の店舗に対して行うことも有効です。

営業など店頭POPを制作しているので、簡単にオフィスソフトなどで並びかえできる方法があれば知りたい(600データ→必要なものだけピックアップ→並び替え→印刷)

アドビソフトが入っているのでしたら、Bridgeがよいと思います。

ファイル形式がオフィスソフト(Word等)なのでしょうか? それとも、並びかえを行うのに、Office系のソフトをお使いになられたいということでしょうか?

お客様から渡されたPDFデータの黒がK100ではなく、リッチブラックな時、アクロバットを使ってグレースケールに変更できる方法はありますでしょうか?

Acrobatの[印刷工程]の[色の置換]で次のように設定すれば可能です。

  • [一致条件]の[カラータイプ]で「任意のRGB」を選択
  • [変換属性]
    • [変換コマンド]を「プロファイル変換」
    • [変換のプロファイル]を「Gray Gamma2.2」
    • [レンダリングインテント]に「知覚的」
  • 変換のオプションで「黒を維持」オプションにチェック

[OK]ボタンをクリックすると変換されます。印刷プレビューで確認しましょう。

[プリセットを保存]ボタンをクリックすれば、この設定を書き出したり、読み込むことが可能です。

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る