Adobe Design Summit 2009「アドビティップスDAY」レポート(2)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2009年5月21日、更新日:2011年1月 2日

DSC04958.jpg

2009年5月20日、ベルサール六本木で開催されたAdobe Design Summit 2009「アドビティップスDAY」のレポート第二弾です。

InDesignセッション:森 裕司さん(ザッツ/InDesignの勉強部屋)

InDesignといえば、森さんという感じですが、新しい発見もあり、実のあるセッションでした。下記はメモ。

  • [編集→選択範囲へペースト]を使うと、フレームをフレーム内に入れることができる。入れ子の入れ子も可能。
  • [編集→選択範囲へペースト]を使って、表組みを作成したフレームを、角丸のフレーム内にペーストすれば、角丸テーブルができますよ。
  • インタビュー記事などで、話し手の書式を自動で変更するには先頭文字スタイルが便利。先頭文字スタイルは複数設定できる。文中で「」で囲まれた強調したい語句などにも、「で区切り:スタイルなし、」を含むで、文字スタイルを適用すればよい。
  • さらに「繰り返し」設定を使えば、複数出現する場合にも対応できる。
  • 文字に囲み罫を設定するには、kakomi.jsxが使える。ディザInDesignさんが無償配布されています(ほかにもたくさん)。

追記:

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る