第160回 バンフーセミナー 事前課題

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2014年10月19日、更新日:2015年1月 6日

2014年10月22日に開催予定の第160回 バンフーセミナーに参加される方は、事前課題として、次のクイズに取り組んでみてください。

  1. InDesignの操作中、一時的に[手のひらツール]に切り換えるにはスペースバーを使います。しかし、文字編集中にはスペースが入ってしまうのでoptionキーを使います。同じキーで一時的に[手のひらツール]に切り換えるにはどのキーを使えばよいでしょうか?
    1. option+スペース
    2. command+スペース
    3. control+スペース
  2. [文字ツール]を選択しているとき、次のいずれかのキーを押すと[選択ツール]に戻ります。そのキーはどれか?
    1. escキー
    2. command+returnキー
    3. command+escキー
  3. InDesignでテキストフレームを選択しているとき、[カラー]パネルでは、カラーリングの対象をフレームとテキストで切り換えるには、どのキーを使えばよいでしょうか?
    1. Jキー
    2. Xキー
    3. shift+Xキー
  4. 段落スタイルを適用後に、段落パネルなどで編集を加えると、段落スタイル名に「+」が付きます。これをなんと呼びますか?
    1. オーバーライド
    2. オーバードーズ
    3. バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド
  5. InDesignのドキュメント(INDD)は下位バージョンとの互換性がありません。完全ではありませんが、下位バージョンでも開けるように書き出す(別名保存)するには、どの形式にすればよいでしょうか?
    1. IDML
    2. HTML
    3. INDD
  6. InDesignでは、マスターページに「現在のページ番号」という特殊文字を挿入することで、各ページに自動ノンブルが適用されます。
    「現在のページ番号」を挿入するキーボードショートカットは?
    1. command+option+shift+N
    2. command+option+N
    3. ^N
  7. InDesignとIllustratorでのアウトライン作成の違いは?
    1. InDesignでは文字単位でアウトライン化することができる
    2. InDesignではアウトライン化はサポートしていない
    3. InDesignとIllustratorのアウトライン化機能に違いはない
  8. 文中の()内のみに自動的に文字スタイルを与える機能は?
    1. 先頭文字スタイル
    2. 段落スタイルの基準
    3. 次のスタイル
  9. InDesignは、Illustratorのアピアランスのような手順を踏まずに、塗りのやせないフチ(線)を設定することができる。このとき間違っているのはどれか?
    1. 二重のフチを設定できる
    2. 線幅は常に外側に太る
    3. 「ラウンド結合」を使って、角丸的な表現を設定できる
  10. InDesignでは文章内に図形などを1つの文字のように挿入することできます。これをなんと呼びますか?
    1. アンカー付きオブジェクト
    2. アンカーボックス
    3. インライングラフィック

追記(2014年10月23日):

正答はすべてA。10のみ「C.インライングラフィック」でもOKとします。

なお、「文中の()内のみに自動的に文字スタイルを与える機能は?」の選択肢に、「正規表現スタイル」がない件。この課題は「復習クイズ」ですので、扱っていないことは入れないのがセオリーだと考えます。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る