Jedit Xのエンコーディング(デフォルトはShift-JISだけどUTF-8に)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2017年3月29日、更新日:2017年4月 4日

Jedit Xのエンコーディング、プレインテキストではデフォルトが「日本語(Mac OS)」になっています。これはShift-JISなのですが、実際には4つのバリエーションが用意されています。

4つのShift-JIS

FAQに「エンコーディングリストには4種類のShift-JISがありますが、それぞれどう違うのですか?」というのがあります。

「日本語(Shift JIS)」は半角英数記号カタカナとJIS X0208(JIS第1水準、JIS第2水準)で制定されている文字セットだけ含むエンコーディングです。 「日本語(Mac OS)」は、「日本語(Shift JIS)」にMac OS独自の記号などを追加したものです。 「日本語(Windows, DOS)」は「日本語(Shift JIS)」にWindows独自の記号などを追加したものです。 「日本語(Shift JIS X0213)」は、「日本語(Shift JIS)」にJIS第3水準、JIS第4水準の漢字を加えて約13000字の文字を扱えるようにしたエンコーディングです。

表にすると。

エンコーディング名意味
日本語(Shift JIS)半角英数記号カタカナとJIS X0208(JIS第1水準、JIS第2水準)で制定されている文字セットだけ含むエンコーディング
日本語(Mac OS)「日本語(Shift JIS)」にMac OS独自の記号などを追加したもの
日本語(Windows, DOS)「日本語(Shift JIS)」にWindows独自の記号などを追加したもの
日本語(Shift JIS X0213)「日本語(Shift JIS)」にJIS第3水準、JIS第4水準の漢字を加えて約13000字の文字を扱えるようにしたエンコーディング

デフォルトのエンコーディング

デフォルトのエンコーディングは、環境設定で変更できます。

追記

ものかのさんからコメントいただきました。ありがとうございます

ですよね! デフォルトのままだと、困ることが多かったので自信を持ってUTF-8にします。

備考

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る