アプリケーションをキーボードから起動する(2)DragThingを使用

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2014年1月11日、更新日:2016年4月 8日

前に、Sparkを使う方法をご紹介したのですが、DragThingでもいけますね。

DragThingはRetina対応しないみたいなんですけど、これに関して、DragThing以外の選択肢はあるんだけど、アプリケーションを開くホットキーが手放せないんだよな〜っていう発言で思い出しました。

(maybe most importantly for me) hit the user-defined key chord for a commonly-used app:

設定方法

  1. DragThingで設定したいアプリケーションのアイコンを右クリックして[項目オプション]をクリックする
  2. [(アプリケーション名)オプション]ダイアログボックスが開くので、[ホットキー]タブに切り替え。[項目を開くホットキーを使用]にチェックを付けて、[なし]をクリック
  3. 設定したいキーボードショートカットのコンビネーションをタイプすると、「ホットキーは“F7”です」のように表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。
  4. これでホットキーが設定されます。

[Finderの選択項目をこれで開くホットキーを使用]

上記のホットキーの設定ウィンドウに、[Finderの選択項目をこれで開くホットキーを使用]という項目があります。

たとえば、私の場合、次のようなことで困っているのですが、これを解決できるのが、この機能です。

  • 画面キャプチャなどは、劣化のないPNGで保存し、そのまま使うことが多い
  • DTP向けの作業では、そのPNGをPhotoshopで開いて作業する
  • Web向けの作業では、FireworksでPNGを開き、テキストを加えたり、レイヤーを使って作業する(Fireworksはネイティブのファイル形式にPNGを使っている)

つまり、同じPNGですが、あるときはPhotoshop、あるときはFireworksと開くアプリケーションを使い分けます。アプリケーションアイコンにドラッグ&ドロップして作業していますが、結構、めんどい。

追記:

DragThingにFinderウィンドウを登録しておけば、どのアプリケーションからでもFinderに切り換えて、そのウィンドウが開くようになります。

「デスクトップ」フォルダーをcommand+option+control+Dキーで開くようにしました。

追記(2016年4月8日):

Keyboard Maestroを使うのもよいですね。私はこれに移行しました。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る