紛らわしいネーミング

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2005年11月30日、更新日:2010年12月30日

Adobe CSのパッケージのみにバンドルされる「Version Cue」。なんとも名前が紛らわしい。

字面を見れば問題ないが、「バージョン・キュー」と音だけ聞いて、「Mac OS 9」をイメージする人や、「Illustrator 9.0」をイメージする人が確実にいるだろう。
それに、次のバージョンができたら、「Version Cueの最新バージョン」とか言わなければならない。その辺、誰も考えないのだろうか...

さて、その「Version Cue」、結構使える。
たとえば、Illustratorだったら、入稿する前にフォントをすべてアウトライン化する。となるとファイルが2つになるのだが、「Version Cue」のバージョニング保存を使えば、1ファイルで、2つ(もちろんそれ以上もアリ)の状態を持つことができるのだ。

アウトライン化する前のファイルを保存せずにいて、青ざめたことのある方には重宝する機能だろう。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る