普段使いのディスプレイを目にやさしく

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2017年12月 9日、更新日:2017年12月 9日
 

iMacなど輝度の高いディスプレイを使い続けると目に負担がかかります。

Macをお使いの方がソフトウェア的にできる対策として、次の2つを紹介します。パソコン用メガネという選択肢と平行して、自衛していきましょう。

  • Shades
  • Night Shift(10.12以降)

Shades

Shadesは、かなり前からあるユーティリティ(無償というかドネーションウェア)。インストールするとシステム環境設定に入ります。

  1. 右上の[Start]ボタンをクリックして開始

  2. 画面上のSlider controlで調整

  3. 実際には、このSlider control、邪魔ですので、[None](非表示)にして、

  4. [Hot Keys]で設定したキーボードショートカットで調整します。

Night Shift

Night Shiftは、macOS Sierra(10.12)、iOS 10以降に搭載されているブルーライトカット機能です。システム環境設定の[ディスプレイ]の中にあります。

F.luxというアプリケーションが古くからありましたが、それと同様のものが標準機能にとして搭載されました。

[色温度]のスライダーで色味を調整し、[明日まで入にする]オプションをオンにします([スケジュール]から設定することもできます)。

画面全体がオレンジっぽくなりますので、Photoshopで画像を補正するときには不向きです。作業内容によって、ON/OFFを切り換えながら使います。

一度使うと、どれだけ目に負担がかかっていたか実感できるでしょう。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る