【チュートリアル】カテゴリの記事

次のようなパーツの制作方法について考えてみます。

アピアランスを使わない場合

アピアランスを使わない場合には、4つのパーツで作成します。

  • 青い四角形
  • 白い角丸四角形
  • テキスト「管理番号」
  • テキスト「A12345」

「A12345」は、番号が変わったり、また、増減する可能性がありますが、その度、四角形の大きさ、および、それを包含する青い四角形にも影響します。

基本中の基本ですが、合成フォントの作成フローを解説します。

AICC-fontset-6-2.jpg

次のようにオブジェクトをくっつけたい、というご質問をいただきました。

ライブカラー(正式名称はオブジェクトを再配色)は、Illustrator CS3から搭載されているので、かれこれ5年近くになりますが、なぜか認知度が低いようです。

紹介の仕方のひとつとして「ライブカラーは、カラーバリエーションを作るのに便利」という切り口がありますが、それだけではありません。Illustratorでの着色(カラーリング)作業のワークフローを覆してしまうほど、ぶっとんでいるのがライブカラーです。

livecolor-CS5.jpg

従来のIllustratorでの着色(カラーリング)作業のワークフロー

あえて説明するまでもありませんが、Illustratorでの着色(カラーリング)作業は次のような流れで行います。

  1. オブジェクトを選択する
  2. カラーリングを行う
  3. 異なるオブジェクトを選択する
  4. カラーリングを行う

この際、ちょっと面倒なのが、

  • グループ化がかかっているとオブジェクトの選択が面倒
  • グラデーション内に同じカラーが使われていても、異なるインターフェイスでカラーリングを行わなければならない

前回は、ポイントテキストの場合、今回はテキストボックスの場合です(テキストボックスの場合、前回のようにタブルーラーだけでは設定できません)。

hanging-indent-08.jpg

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2019(2018年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る