InDesign:「二分」「四分」などの意味

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2009年9月21日、更新日:2017年5月 9日

InDesignは、日本語組版の伝統的な用語などを使っているため、最近、組版などをはじめた方には、?と思うことが多々あるでしょう。

まとめると次のようになります。

%
八分12.5%
四分25%
二分50%
二分四分75%
全角100%

たとえば「文字組みアキ量設定」では、[単位]に「%」「分」「文字幅・分」を選択することができます。

ベタは「全角1文字取り」(字間0)を意味しますが、InDesignの「文字組みアキ量設定」の場合には、"一旦詰めて後からアキを調整する"ため、アキは0%となります。

追記:なんでやねんDTPさんからご指摘いただきました。訂正します。

InDesign_mojikumi_nibushibu.png

追記(2017年5月9日):

改めてツイートいただき、図版などを差し替えました。ありがとうございます!

InDesign CC 2015以降、用語の扱いが変更されています。

こうして比べて見ると、UIが大きくなって、本当〜〜〜〜〜によかった!!!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る