Source Han Sans(源ノ角ゴシック)/Noto Sansがリリースされました

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2014年7月21日、更新日:2014年7月22日

2014年7月15日、Source Han Sans(Noto Sans)というオープンソースフォントファミリーがリリースされました。7つのウエイトが用意されている高品位なフォントです。

ややこしいリリース体系

これまでのフォントに関する常識と異なる部分が多く、ちょっとややこしい感じです。

Google はこのフォントを Noto Sans CJK として新たに Noto ファミリーに加え、アドビは Source Han Sans として Adobe Source ファミリーに加えます。アドビはタイプフェイスデザインの著作権を保持しますが、フォントは Apache License, version 2.0 のもとにリリースされますので、どなたでも自由にお使いいただけます。

リリース元フォント名リリース形式Illustratorなどでの
フォント名
アドビSource Han Sansマルチ言語版
単言語版源ノ角ゴシック JP
OTC版
TypeKit版Source Han Sans JP
GoogleNoto Sans単言語版Noto Sans Japanese
  • アドビとGoogleからリリースされている。アドビからリリースされているものは「Source Han Sans」、Googleからリリースされているものは「Noto Sans」のように呼び方が異なる
  • アドビからリリースされている「Source Han Sans」には、「マルチ言語版」、「単言語版」、「OTC版」、「TypeKit版」の4つがある。
  • ダウンロードした単言語版は、Illustrator/InDesignの[文字]パネルでは「源ノ角ゴシック」(ゲンノカクゴシック)と表示される。Typekitで同期したものは「Source Han Sans JP」と表示される。これらは共存できない(Typekitでの同期方法:動画

▼Illustratorの[文字]パネル

▼InDesignの[文字]パネル

ウエイト名

ややこしいことに、フォントによってウエイト名が異なります。

Noto Sans源ノ角ゴシック
Source Han Sans
ウェイト
ThinExtraLight100
Light300
DemiLightNormal350
Regular400
Medium500
Bold700
BlackHeavy900

開発

Google、アドビ、および、Changzhou SinoType Technology、イワタ、そして Sandoll Communicationなどのフォントメーカーとの協力によって開発されたそうです。

Robotoとの調和

Noto Sansの欧文部分には、Androidの標準フォントであるRobotoが使われていると書かれていることがありますが、それは誤りで、Source Han Sans、Noto Sansともに、同じ欧文を使っています。

Robotoとの調和を意識して開発されており、組み替えたサンプルが掲載されていると思われます。

Robotoフォントについてはこちらの記事をご覧ください。

we released a new version of the Roboto type family

Robotoフォントは、リデザインされたものがリリースされたとありますが、現在ダウンロードできるバージョン(1.2)は、リデザイン前のもののようです。

Noto?能登?

Notoは「No 豆腐」に由来するそうです。つまり、「豆腐」(コンピューターで文字が表示されないときに表示される四角形)を排除する、という意味合いとのこと。

When text is rendered by a computer, sometimes there will be characters in the text that can not be displayed, because no font that supports them is available to the computer. When this occurs, small boxes are shown to represent the characters. We call those small boxes “tofu,” and we want to remove tofu from the Web. This is how the Noto font families got their name.

「源ノ角ゴシック」はなんて読むの?

「源ノ角ゴシック」は「ゲンノカクゴシック」と読むそうです。

DTPではどれを使えばいいの?

ものかのさんの記事をご覧ください。

要点を抜き出すと…

  • DTPでは「単言語版だけを使う」のがベスト
  • TypeKit版はInDesign CS5以降のパッケージでフォント収集されない(ダウンロード版は収集される)
  • 全角ダーシを2つ並べると2倍ダーシ専用の合字字形になる(ただし、U+2015を禁則処理セットの分離禁止文字に追加する必要アリ)

DTPでの注意点

Illustratorで源ノ角ゴシック(Source Han Sans/Noto Sans)を使って入力すると、バウンディングボックスが(改行でもされているように)大きく表示されます。

そのため、アウトラインをかけずに[形状に変換]を行うと、次のサンプルのように、とても大きな図形になってしまいます。

[オブジェクト]メニューの[アートボード]→[オブジェクト全体に合わせる](または[選択オブジェクトに合わせる])を実行しても、下に余白が生じてしまってとても不便です。

個人的な感想

  • 「りょう」に似てるな〜と思ったら、西塚涼子さんがデザインされていました。
  • 第一印象、「ら」と「り」が大きい…と思いました。しかし、「スモールデバイスで読みやすい、すっきりとしたデザイン」というデザインコンセプトによって開発されているとのことで、スモールデバイスではよいバランスなのかもしれません(要検証)。

なお、スモールデバイスへの対応だけでなく、黒バックに白文字で使われることも意識されているようです。

参照リンク

この記事の執筆にあたり、下記のサイトを参考にしました。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年2月に発売します。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る