【CC 2015】カテゴリの記事

2015年6月17日(水)13:30-17:15、六本木EXシアターで「Adobe Live 2015」が開催されます。

CCの次期バージョン(CC 2015?)のお披露目イベントのようです。

次期バージョンのPhotoshopにアートボード機能が搭載されるようです。

追記(2015年7月31日):

ちょっと前の話題ですが、InDesign用の「StyLighter」というスクリプトが公開されていました。

これを使うと、次の2つが可能になります。

  • オーバーライドされている箇所に赤い線が出る
  • 段落スタイル/文字スタイルごとにカラーリングできる

参照リンク:

icn_ForeverSave_2_512.png

InDesignにもFireworks(Macのみ)にもあるのに、一番落ちて泣いている人が多いであろうIllustratorにはなかなか搭載されない"Save On Crash"(自動復元)。まだまだ搭載されそうな雰囲気はありません...

とりあえず、command+Sキーでこまめに保存していくことは必須ですが、作業に不可欠なのがバージョニング。ファイルを開いていれば、かなり前まで遡れますが、いったん閉じてしまうと、「あ、あのときのバージョンに戻りたい!」ができません。

そのためのTime Machineですが、これをユーティリティレベルで実現するのがForeverSave 2App Storeで1700円。これは必須のユーティリティといえます。

「とりあえず、試してみたい」方にはTrialバージョンも用意されています。

Illustrator(やInDesign)での[文字ツール]と[選択ツール]の切り替えについて、次のように紹介してきました。

  • [選択ツール]で文字上をダブルクリックすると、[文字ツール]に切り替わる
  • [文字ツール]を選択し、テキスト上にカーソルがあるとき、escキーを押すと、[選択ツール]に切り替わる
  • [文字ツール]を選択時、commandキーを押していると、一時的に[選択ツール]に切り替わる(ただし、直前に[ダイレクト選択ツール]を使っている場合には[ダイレクト選択ツール]になる)

テキストツールで文字の確定 | キョウダケダカンナーによると、テキストツールから選択ツールの切り替えには、command+enterでもいけます。

selection2text-tool.png

Photoshop、Fireworksでは、選択ツールには切り替わりませんが、文字の編集モードから抜け出ることが可能です。

オススメイベント

2019年5月18日開催。出演は、筑紫シリーズの書体デザイナーの藤田 重信さん(フォントワークス)ほか。

詳細・お申し込み

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2019(2018年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る