CS4に望むアプリケーション間の統一

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2008年6月25日、更新日:2014年3月 6日

次期バージョン(CS4)は、2008年の年末か2009年早々?という記事で少し触れましたが、 次期バージョン(CS4?)はCreative Suiteという統合パッケージになって四世代目にあたります。

統一して欲しいことをリストアップしてみました。

  • [(アプリケーション)を隠す]のキーボードショートカット:Illustratorでは、長年command+Hが境界線を表示/隠すに使われているせいか、Photoshop(command+control+H)、InDesign(command+H)と統一されていない。
  • キーボードショートカットの編集UI:インターフェイスも手法もかなり好き勝手になっています。
  • アプリケーションの初期化:Photoshopでは起動時にcommand+option+shiftキーを押すと、初期化されます。InDesignはこれにcontrolキーが必要。Illustrator (CS2以降)、DreamweaverやFlashにはありません。
  • スクラブスライダなど、入力補助機能の充実:Photoshopのみで実装されています。テンキーのないノートパソコンでは半角モードにしなければ数値が入りません。
  • 別名で保存のキーボードショートカット:InDesignのみアサインされておらず、IllustratorやPhotoshopでのcommand+shift+Sが「斜体」にアサインされてしまっています。

さらに、マクロメディア系とアドビ系の統一も進めて欲しいところ

  • 環境設定を呼び出すキーボードショートカット:マクロメディア系はcommand+Uキー、アドビ系はcommand+K
  • キーボードショートカットの編集を呼び出すコマンド:マクロメディア系はアプリケーションメニュー内、アドビ系は[編集]メニュー内

ご参考:インターフェイスの旅(6)数値入力

2005年11月にスタートしたDTP Transitは満12歳になりました。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る