欲しかったのは、このサブスクリプションじゃないんです...

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2011年4月11日、更新日:2011年4月12日

CS5.5のリリースに合わせて、サブスクリプション(ライセンスの月次支払いプラン)が発表されました。

手頃な月額使用料で

と書いてあるのですが、本当にそうでしょうか?

これまで使い続けてきた人も、これから使う人も同じ金額のため、アップグレードを繰り返した方が断然安くなりますし、製品版+「.5アップグレード」を足すとそんなに金額が変わりません(次の計算はDesign Premiumの場合)。

subsription.png

想定されるのは、次のケースだと思います。

  • 社内のライセンスをまとめてアップグレードすると、それなりの金額になってしまう。そのような出費を避けたい
  • プロジェクトに応じて、単発でライセンスが欲しい

以前(2010年12月)に、Adobe CSは、そろそろサブスクリプションに移行すればいいのに - DTP Transitというエントリーを書いたのですが、私が意図していたのは、

  • 同じバージョンを使えば、バージョン互換の問題はなくなる
  • いたずらなUI変更は生産性を落とすだけ(さらに意図しないバグや仕様の不統一も増える)

つまり、「今回はパスするわ」という人がいなくなるくらいの価格設定しないと、意味がないと思うんです。

う〜ん、正直、ビミョー。これに尽きます。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る