【CS6】カテゴリの記事

Illustratorのパターンの扱いは、Illustrator CS6以降、劇的に改善されています。しかし、従来からある機能の組み合わせによる、デフォルトのパターンスウォッチの応用についてご紹介します。

MdNから『Illustratorプロフェッショナルの教科書 デザイン作成とパス・文字を正しく扱う技術』が発売になりました。

著者は高橋としゆきさん。

初心者が特につまづきやすいところ(ベジェ曲線やアピアランスなど)は、特にページ数を割いて詳しく解説しています

とのことです。作例のテイストがよく、またこなれているので、高橋さんの書籍には定評があります。

これからIllustratorを勉強される方は、1冊目に『Illustratorプロフェッショナルの教科書』、2冊目に『10倍ラクするIllustrator仕事術』をオススメします。

ツールの切り換えには「1キーでのショートカット」(後述)がありますが、それ以外での切り換えを使うと飛躍的に効率が上がります。

切り換え

  • [選択ツール]から[文字ツール]に:テキスト上でダブルクリック
  • [文字ツール]から[選択ツール]に:escキー、command+enterキー
  • [選択ツール]と[ダイレクト選択ツール]の切り換え:command+option+tabキー

一時的に切り換える

  • [選択ツール]に:commandキー
  • [手のひらツール]に:スペース+ドラッグ
  • テキスト編集中[手のひらツール]に切り換えてドラッグ:option+スペース+ドラッグ
  • [ズームツール]に:スペース+commandキー

Illustrator CS6以降、値を変更のアプローチについてまとめてみます。

  • スピンボタンをクリックする
  • カーソルキー(矢印キー)を押す
  • マウスホイールをまわす
  • トラックパッドでダブルフィンガースクロールする

このうち、マウスホイールとトラックパッドは、値フィールドをアクティブにせず、マウスオーバーだけで変更可能です。

キー(クリック/ホイール)mmpx(pt)
クリック/ホイールのみ1mm1px
shift+10mm10px
command+0.5mm0.1px
command+shift+5mm-

Illustrator CS5以降、全角数字での入力が可能ですが、そもそも数字を入力しない方がスピーディな場面が多いでしょう。

備考:

  • 単位によって、増減値が異なる(commandキーの併用時)
  • 変更したい値が整数値でない場合、最初のワンクリック目は、値を増減するのではなく、整数値に変更する
  • いずれの場合もoptionキーを併用すると移動しながら複製される

出る、出るといって、2年...? 『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版が、来月(10月)18日くらいに発売になります。

変更点は次の通り:

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2380円
  • 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ

「2011年版を購入された方にも、また、読んでいただく」ことをコンセプトに編集しましたので、前回と同じ180ページ分が丸々が新しいトピックです。

x10ai-80.png

Amazonでの予約がスタートしています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る