Illustrator CS5での複数のアートボードの強化点まとめ

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2010年8月18日、更新日:2010年12月30日

複数のアートボードは、アドビが口をすっぱくして言っているように、複数ページを支援する機能ではない。たとえば、名刺、封筒、便せんのように、判型が異なるなどの理由で別々のドキュメントとして管理していたものを1ドキュメント内で扱うことで、スウォッチやシンボルなどを管理しやすくなるのがメリットだ。

Illustrator各バージョンの目玉的な新機能は、いわば公開ベータみたいなもの。Illustrator CS4で搭載された複数のアートボードは、CS5でようやく実用に耐えうるものに近づいている。

Illustrator CS4では[アートボード]ツールのみだったが、Illustrator CS5ではこれに[アートボード]パネルが加わっている。

 ツールパレット
Illustrator CS4[アートボード]ツールなし
Illustrator CS5[アートボード]ツール[アートボード]パネル

[アートボード]パネルによって、(Illustrator CS4ではできなかった)次のことが可能になっている。

  • アートボードの複製(AICS4でも[アートボード]ツールを使ってoption+ドラッグによって可能)
  • アートボード名の設定(アートボードオプションで設定)

AICS5-artboard-panel.png

これを使って、次のようにアートボード名を管理することができる。

AICS5-artboard-panel2.png

Illustratorの[レイヤー]パネルでは、レイヤー名をダブルクリックすると、[レイヤーオプション]が開くが、[アートボード]パネルでは挙動が異なる。

  • [アートボード]パネルでパネル名をダブルクリックすると、そのパネルが編集対象に切り替わる
  • [アートボード]パネルでパネル名の右側のartboard-option-icon.pngをクリックすると、[アートボードオプション]ダイアログボックスが開く

設定したアートボード名は、[ファイル]メニューの[書き出し]で[各アートボードごと]オプションにチェックをつけると、「オリジナルのファイル名」+「_」+「アートボード名」+拡張子のファイル名で書き出される。

AICS5-artboard-exprt-s.png

[アートボードツール]を選択しているときには、コントロールバー内でアートボード名を変更することができる。

artboard-optionbar.png

なお、Illustrator CS4では、アートボードの再配置のみだったが、メニューバーのコマンドも増えている。

AICS5-artboard-menu.gif

複数のアートボードを複数ページのように使いたいときには、[すべてのアートボードにペースト]コマンドが重宝するだろう。

この場合、カットしてから行わないと、オリジナルの位置に2つ重なってしまうので注意したい。

AICS5-artboard-menu2.png

[すべてのアートボードにペースト]を行うと、アートボードの左上を基点に配置される。アートボードの大きさによっては、アートボードからはみ出してしまうこともある。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。2014年10月に発売しました。

改訂版に関する情報

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

コメントする

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

2011年に発売されたロングセラー書籍『10倍ラクするIllustrator仕事術』の増強改訂版が2014年10月18日に発売されました。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

出版記念を兼ねて全都道府県でセミナーが進行中です。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

リンク

このページの上部に戻る