用途に応じて適切なPDFをIllustratorから書き出す

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2015年1月23日、更新日:2017年11月15日

ワークフロー俯瞰

  • IllustratorからPDFを書き出すには、[複製を保存]を使う
    • [別名で保存]は避けた方がよい
    • PostScriptファイルを書き出してDistillerにて変換は、Illustrator CS以降、使わない
  • 適切な「PDFプリセット」を選択するのがキモ
    • すべてのプリセットでトンボはなしになっているので注意
    • 印刷所などで「PDFプリセット」が提供されている場合には、それを読み込んで使う
  • アートボードはPDFのページになる。特定のページのみの書き出しが可能
  • IllustratorのレイヤーをPDFのレイヤーとして扱うことができる

IllustratorのPDF作成にDistillerは必要ではなくなりました。

Illustrator 10まで、PDF作成を行うには、まず、PostScriptファイルを書き出し、Acrobat Distillerを使ってPDFに変換を行っていました。そのため、古くからのIllustratorユーザーの方には、IllustratorからのPDF変換は面倒という印象を持ったままの方がいるでしょう。

Illustrator CS以降では、[複製を保存]経由でPDF変換を行うことができます。

用途別PDFプリセットの選択

友人のWさんが「Illustratorから書き出すPDFが重い… オプション全部はずしているのに」と困っていました。聞いてみると、[プリセット]が「Illustrator初期設定」のままとのこと。

デフォルトのプリセット「Illustrator初期設定」は、いわば“軽くしない”設定なのです。

IllustratorからPDF変換を行うとき、適切なプリセットを選べば、多くの問題は解決します。次の表は、目的ごとに、どのプリセットを選べばよいかのガイドラインです。

目的プリセット備考
Illustrator形式の代わり「Illustrator 初期設定」Illustratorのバージョンがわからない相手先とデータなどをやりとりするとき
印刷入稿用「PDF/X-1a」、
「PDF/X-4」
必要に応じてトンボや裁ち落としを設定すること
メールでのやりとり、
Webでの公開用
「最小ファイルサイズ」ビットマップ画像の画質を下げ、ファイルサイズを下げる
iPadなどでの閲覧「最小ファイルサイズ」
+カスタム設定(後述)
出力カラー設定、画像のサンプリングなどをカスタム設定する

なお、PDFが重くなる主な原因は配置されているビットマップ画像です。ビットマップ画像をそのままにするのか、ダウンサンプルする(=解像度を落とす)のか、等の設定を[圧縮]カテゴリで行います。

各プリセットには、その設定が施されていますので、把握しておかれるとよいでしょう。

PDF変換のワークフロー

IllustratorからPDF変換(書き出し)を行う流れは次のとおりです。

  1. [ファイル]メニューの[複製を保存]をクリックして[複製を保存]ダイアログボックスを開く
  2. [ファイル形式]を「Adobe Illustrator(ai)」から「Adobe PDF(pdf)」に変更する(Illustrator CS5では[フォーマット])

  3. [Adobe PDFを保存]ダイアログボックスが開いたら、[Adobe PDFプリセット]からプリセットを選択し、[トンボと裁ち落とし]などのカテゴリで調整する

  4. 書き出し先とファイル名を設定して、[PDFを保存]ボタンをクリックする(ファイル名の「のコピー」の文言は削除する)

PDF変換は[複製を保存]で行う

IllustratorからPDF変換を行うとき、次の手順で[別名で保存]を使うと、トラブルが生じやすくなります。

  1. Illustratorで作業を完成し(abc.ai)、[別名で保存]でPDF保存する(abc.pdf)
  2. そのまま修正を加える
  3. 元の abc.ai には変更が反映されていない

対策

MacユーザーならAppleScriptのアプレットを使うのがオススメ

FORCEにて配布されているAppleScriptのアプレットを使うのがベストです。Finderウインドウのツールパネルに登録しておくとよいでしょう。

Illustratorファイルをドラッグ&ドロップすると、次のダイアログボックスが開くので、「PDFプリセット」を選択するだけです。

追加した「PDFプリセット」もリストに表示されます。

アプレットを使うには、システム環境設定の[セキュリティとプライバシー]で[ダウンロードしたアプリケーションの実行許可]を調整する必要があります。

「“App 名”は壊れているため開けません。ゴミ箱に入れる必要があります。」と表示される場合には、次の記事を参照してみてください。

「LegacyAwesome.app」のところは、ai2PDFpre2.appになるので、xattr -rcまで入力して、その後、terminal.appのウィンドウに、ai2PDFpre2.appをドラッグ&ドロップするのがシンプルです。

PDFプリセット

デフォルトで用意されているプリセットの各設定の詳細は、次の表の通りです。

Illustrator 初期設定Illustratorデータがすべて保持されたPDFを作成します。 このプリセットを使用して作成したPDFでは、Illustratorで再度開いたときにもデータの損失はありません。 Illustratorのバージョンがわからない相手先とデータをやりとりするときに用います。
高品質印刷デスクトッププリンターや校正デバイスでの高画質印刷に適したPDF を作成します。
雑誌広告送稿用雑誌広告デジタル送稿推進協議会によって策定されたデータ制作ルールに基づいて、雑誌広告送稿用のPDFファイルを作成します。
PDF/X-1a
(2001 および 2003)
印刷に適したPDFを作成します。全フォントを埋め込み(サブセット)、透明部分を統合します。カラーはCMYKと特色が使われます。 デフォルトのままでは、トンボと裁ち落としが指定されていませんので、出力先の印刷条件に応じて適切に設定する必要があります。
PDF/X-4(2008)透明効果(透明が分割、統合されない)と ICC カラーマネジメントをサポートします。
プレス品質デジタル印刷やイメージセッタまたはCTPへの色分解などを目的とした印刷工程用のPDF ファイルを作成します。
最小ファイルサイズWebやインターネットでの表示、または電子メールでの配信に適した PDFファイルを作成します。画像は比較的低い画像解像度にリサンプリングされます。すべてのカラーはsRGBに変換され、フォントは埋め込まれます。

Illustrator 初期設定

Illustratorデータがすべて保持されたPDFを作成します。このプリセットを使用して作成したPDFでは、Illustratorで再度開いたときにもデータの損失はありません。

Illustratorのバージョンがわからない相手先とデータをやりとりするときに用います。

高品質印刷

デスクトッププリンターや校正デバイスでの高画質印刷に適したPDF を作成します。

雑誌広告送稿用

雑誌広告デジタル送稿推進協議会によって策定されたデータ制作ルールに基づいて、雑誌広告送稿用のPDFファイルを作成します。

PDF/X-1a(2001 および 2003)

印刷に適したPDFを作成します。全フォントを埋め込み(サブセット)、透明部分を統合します。カラーはCMYKと特色が使われます。

PDF/X-4(2008)

透明効果(透明が分割、統合されない)と ICC カラーマネジメントをサポートします。

プレス品質

デジタル印刷やイメージセッタまたはCTPへの色分解などを目的とした印刷工程用のPDF ファイルを作成します。

最小ファイルサイズ

Webやインターネットでの表示、または電子メールでの配信に適した PDFファイルを作成します。画像は比較的低い画像解像度にリサンプリングされます。すべてのカラーはsRGBに変換され、フォントは埋め込まれます。

比較表

プリセット準拠する規格互換性一般圧縮
編集機能
を保持
カラーグレー
スケール
白黒 
Illustrator
初期設定
なしPDF 1.5なしなしなしドキュメントの
裁ち落としを使用
高品質印刷なしPDF 1.430030012000mm
雑誌広告送稿用PDF/X-3:2002PDF 1.33503501200ドキュメントの
裁ち落としを使用
PDF/X-1a:2001PDF/X-1a:2001PDF 1.330030012000mm
PDF/X-3:2002PDF/X-3:2002PDF 1.330030012000mm
PDF/X-4:2008PDF/X-4:2008PDF 1.430030012000mm
プレス品質なしPDF 1.430030012000mm
最小ファイル
サイズ
なしPDF 1.51001503000mm
※iPhone/
iPadなど
なしPDF 1.53003003000mm
プリセットカラー変換出力先プロファイルPDF/X 出力
インテント
Illustrator
初期設定
変換しない(N/A)含めないN/A
高品質印刷変換しない(N/A)含めるN/A
雑誌広告
送稿用
変換しない(N/A)-Japan Color
2001 Coated
PDF/X-1a:2001出力先の設定に変換ドキュメント CMYK(含めない)ドキュメント
CMYK
PDF/X-3:2002変換しない(N/A)-ドキュメント
CMYK
PDF/X-4:2008変換しない(N/A)含めるドキュメント
CMYK
プレス品質出力先の設定に変換ドキュメント CMYK含めないN/A
最小ファイル
サイズ
出力先の設定に変換sRGB IEC61966-2.1含めるN/A
※iPhone/
iPadなど
出力先の設定に変換sRGB IEC61966-2.1含めるN/A

PDF/Xとは

「PDF/X」(ピーディーエフ・エックス)とは、印刷入稿用に定義されたPDFの企画です。リンク画像やフォントをすべて埋め込むため、1ファイルでの入稿となるため、添付忘れ/リンク切れなどから開放されます。

「PDF/X-1a」(通称「エックス・ワン・エー)と「PDF/X-4」(通称「エックス・フォー)があります。現状では、「PDF/X-4」の運用が増えています。

なお、用意されているPDFプリセットでは、デフォルトのままでは、トンボと裁ち落としが指定されていませんので、出力先の印刷条件に応じて適切に設定する必要があります。

Adobe PDFプリセットの読み込み

印刷所などからPDFプリセットが提供されているときには、そのファイル(拡張子は.joboption)を読み込んで、書き出し時に設定します。

  1. [編集]メニューの[Adobe PDFプリセット]をクリックする
  2. [Adobe PDFプリセット]ダイアログボックスで[読み込み]ボタンをクリックして、PDFプリセットを読み込む

iPhone/iPadなどのデバイスでの閲覧

プリントメディア用のIllustratorデータをPDF変換すると、iPhone/iPadなどのデバイスで閲覧したとき、アドビ純正のAcrobatアプリでは問題ありませんが、iBooksなど、ほかのアプリではカラーが変化してしまうことがあります。

次のフローで対応します。

  1. [Adobe PDFを保存]ダイアログボックスで[Adobe PDFプリセット]に「最小ファイルサイズ」を選択する。[出力]タブを確認すると、[出力先]が「sRGB IEC61966-2.1」になっている

  2. [圧縮]カテゴリに切り替え、[カラー画像]と[グレースケール画像]の[ダウンサンプル]を「300 ppi」、[画質]を「最高」に変更する

プリセットは、使い回せるように保存しておくとよいでしょう。

アートボードとPDF

Illustratorのアートボードは、PDFではページとして扱われます。

  1. Illustratorのアートボードを使って作業する
  2. [複製を保存]ダイアログボックスで[アートボードごとに作成]オプションにチェックが付いていることを確認する([範囲]を指定することもできる)

  3. Acrobatで開くと、アートボードがページとなっていることを確認できる

  • アートボードの大きさは異なっていてもOKです。
  • 確認のため、クライアントに送るときなどに重宝します。

レイヤー化されたAdobe PDFの作成

Illustratorのレイヤー情報を、Acrobat(やInDesign)でレイヤーごとに表示/非表示を切り替えることができます。

  1. Illustratorでレイヤー分けしておく(サブレイヤーは非対応)
  2. [Adobe PDFを保存]ダイアログボックスで[上位レベルのレイヤーからAcrobat レイヤーを作成]にチェックを付けて保存する
  3. AcrobatでPDFを開き、ナビゲーションパネルで[レイヤー]を表示すると、次のように表示される

[上位レベルのレイヤーからAcrobat レイヤーを作成]オプションは、次のPDFプリセットを選択しているときのみ選択可能です。

  • Illustrator初期設定
  • PDF/X-4:2008
  • 最小ファイルサイズ

裁ち落とし

PDFプリセットには「裁ち落とし」の設定項目があります。

「Illustrator初期設定」と「雑誌広告送稿用」では、[ドキュメントの裁ち落としを使用]オプションがオンになっており、ドキュメントの裁ち落としの設定の値が設定されます。[ドキュメントの裁ち落としを使用]オプションをオフにして、裁ち落としの値を変更することは可能です。

一方、「Illustrator初期設定」と「雑誌広告送稿用」以外のPDFプリセットでは、「裁ち落とし」は「0」に設定されます。

プリセット名裁ち落とし
Illustrator初期設定ドキュメントの裁ち落としを使用
高品質印刷0mm
雑誌広告送稿用ドキュメントの裁ち落としを使用
PDF/X-1a:20010mm
PDF/X-3:20020mm
PDF/X-4:20080mm
プレス品質0mm
最小ファイルサイズ0mm

ご参考

PDFを最適化するには、こちらのエントリーをご覧ください。

DTP Transitで公開しているAcrobat、PDF関連のエントリーを、こちらのエントリーにまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月、2016年7月、11月、2017年9月に増刷(現在「6刷」)。前書(2011年版)と合算すると38,000部のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

最新版への対応

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る