Adobe Creative Stationの連載「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」にて公開したシンボル編の補足

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2017年3月23日、更新日:2017年8月11日

Adobe Creative Stationで鷹野 雅弘(スイッチ)が連載している「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」で公開されたメリットいっぱい、使ってこなかったことを後悔するシンボルの活用」の記事の補足です。

全体像

キーボードショートカット

シンボルを結構使うようになったら、キーボードショートカットまわりを整備するとよいでしょう。

デフォルト変更例
[シンボル]パネル⌘+shift+F11shift+F8
新規シンボルF8⌘+F8
新規シンボル
(オプション非表示)
-option+F8
シンボル登録-⌘+option+F8
シンボル解除-option+shift+F8
共通のシンボル
インスタンスを選択
なし-

新規シンボル作成時に、シンボルオプションをスキップするには、[シンボル]パネルの[新規シンボル]アイコンをoptionキー(Altキー)+クリックします。

これは、アクションに設定することができるので、そのアクションに対してキーボードショートカットを設定します。

最後の2つには、次のスクリプトを利用します。

画像に対してシンボルを設定すると軽くなるのか?

まず、前提条件として、シンボルには、リンク画像を含めることができません。

結論からいうと、画像を軽く扱うには、リンクのままにすることです。同じ画像であれば、ドキュメント内で複製しても、ドキュメントのファイル容量は増えません。

単品10個備考
シンボルなしリンク11.2MB11.2MB個数が増えても変わらない
埋め込み25.9MB125.4MB
シンボル埋め込みのみ26MB125.4MBシンボル化しても同様

シンボルのステート管理

マウスオーバー時など、“ほぼ同じで、構成するパーツが若干異なる”というステート違いを考えるときには、次のようなアプローチがあります。

  • 単純にシンボル上にシンボルを重ねる
  • ダイナミックシンボル内のパーツを[ダイレクト選択ツール]で選択し、カラーや不透明度を変更する(グラフィックスタイルで変更)
  • ダイナミックシンボル内のシンボルを[ダイレクト選択ツール]で選択し、シンボルを置換する

いずれの場合にも、テキストを含めることはできません。

ナナメってるパーツ、90度回転しているパーツ

アートワークそのものを回転して作成すると、後からの修正への対応が大変です。

そこでパーツごとにシンボル化し、それぞれのシンボルに[変形]効果で回転を設定し、変更時には水平のシンボルを編集します。

パッケージの側面など、「ここだけ90度回転」しているパーツなども、この要領で作るとよいでしょう。

ファンキー仕様(ローカライズ)

シンボルオプション内とコントロールパネル内で用語が揺れています。これは統一しないとマズい例。

言い換えると、コントロールパネルは訳す必要がないのに訳されてしまっています。

シンボルオプション内コントロールパネル内
ダイナミックシンボルシンボル(動的)
スタティックシンボルシンボル(静的)

オプションの確認

ダイナミックシンボルには、[シンボル]パネル内でスウォッチ(アイコン)の右下に[+]ボタンが追加されます。

リスト表示でも同様です。

「9スライス」に関しては、[シンボルオプション]ダイアログボックスを開くほかに、目視で確認することはできません。

シンボルオプションの変更

シンボルオプションを後から変更するには、[シンボル]パネル下部の[シンボルオプション]ボタンをクリックするか、

[シンボル]パネルメニューの[シンボルオプション]をクリックします。

Webでの利用

[シンボルオプション]に[ピクセルグリッドに整合]があったのですが、Illustrator CC 2017で消失してしまいました。

バージョン互換

次のツイートを拝見しました。

Illustrator CC 2015以降、シンボルを作成すると、デフォルトではダイナミックシンボルになっています。

ダイナミックシンボルを使用しているドキュメントをIllustrator CC 2014以前のバージョンに保存すると、強制的にシンボルが解除されます。下位バージョンで保存する場合には、スタティックシンボルに変換しておきます。

ダイナミックシンボルは使うときのみに

「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」メリットいっぱい、使ってこなかったことを後悔するシンボルの活用」にて取り上げている「応用例(1)変形効果との組み合わせ」ですが、「ダイナミックシンボルを設定していると、[アピアランスの分割]を実行すると、シンボルへのリンクが解除されてしまいます。

大阪の天野さんからのタレコミ情報です。ありがとうございました!

バージョン互換と含めて、シンボルを作成するときには、スタティックシンボルを基本に作成するのを基本とするのが無難です。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月、2016年7月、11月、2017年9月に増刷(現在「6刷」)。前書(2011年版)と合算すると38,000部のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

最新版への対応

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る