Keynoteでデフォルトテンプレートを使うときには、マスターで日本語フォントを指定し直すこと

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2011年5月17日、更新日:2013年4月30日

ちょっとDTPという枠からははずれてしまうのですが、組版、フォント、Mac OS X絡みということもありますし、参照いただけるようにメモしておきます。

テーマ「グラデーション」を使うと欧文はGill Sansになる

Keynoteで、人気のテーマのひとつ「グラデーション」を使うと、

No-GillSans-01-s2.jpg

次のように、数字の「1」と小文字の「エル」の見分けがつかなくなってしまいます。プレゼンのような場面では、これは致命的です。

No-GillSans-02-s2.jpg

マスタースライドを選択し、スライド上のテキスト(ボックス)を選択すると、

No-GillSans-03-s2.jpg

[フォント]パネルでは「Gill Sans」が選択されています。つまり、欧文部分はGill Sans、それ以外(和文)はヒラギノ角ゴW3で表示されます。

No-GillSans-04.jpg

[フォント]パネルで、ヒラギノ角ゴW3を選択しておきましょう(ほかのマスタースライドもチェック)。

No-GillSans-05.jpg

テーマ「ストーリーボード」を使うと欧文はAmerican Typewriterになる

もっと悲しいのが「ストーリーボード」です。

No-GillSans-07-s.jpg

これだと、欧文部分はAmerican Typewriter、それ以外(和文)にはヒラギノ明朝W3で表示されます。組み合わせとしては最悪ですね。

文章によっては、欧文部分がロゴのように浮かび上がってしまい、「特別な意味があるのか?」と勘ぐってしまいます。

No-GillSans-09-2.jpg

まとめ

Keynoteのテーマは、完全にローカライズされていません。そのまま使わずに、必ずマスタースライドでフォントを指定し直しましょう。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る