画面キャプチャの撮り方(Mac)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2008年11月10日、更新日:2013年6月13日

Mac OS X標準の機能:

  • 画面全体(フルスクリーン):command+shift+3キー
  • 選択範囲:command+shift+4キーを押して、目的の領域をドラッグして選択
  • ウィンドウ:command+shift+4キーの後、スペースバーを押して、目的のウィンドウをクリック

それぞれ、PNG形式でデスクトップに保存されます。

その他:

iPhoneでのキャプチャ

  • ホームキーを押しながらスリープボタンを押すと、PhotosのCamera Roll内に画面キャプチャとして保存されます。
  • iPhoto経由で拾ってください。
  • Mail経由だと、JPEGに変換されてしまい、劣化してしまいます。

ご参考

追記(2013年6月13日):

「印刷用の画像では300-350dpiが必要」と言われますが、キャプチャ画像に関しては、変更する必要はありません。

逆に、[画像の再サンプル]にチェックを付けてピクセル数を変更すると劣化してしまいますので、絶対に行わないでください。

Photoshop-dpi-change-s.jpg

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

リンク

このページの上部に戻る