【【2009年10月】カテゴリの記事一覧】

DTP Booster 007(Tokyo/091013)(2009年10月13日、デジタルハリウッド本校セミナーホールで開催)

10月13日、デジタルハリウッド本校(お茶の水)セミナーホールにてDTP Booster 007が開催されます。

今回は、『Adobe InDesign文字組み徹底攻略ガイド』(ワークスコーポレーション)などの著者である大橋 幸二さんを迎え、「InDesign文字組みアキ量設定」にフォーカス。

すでに100名の枠が終了し、残り「机なし椅子のみ」が20席分のみとなりました。

「InDesign文字組みアキ量徹底攻略」リターンズ

InDesignカンファレンス2008東京でおこなわれた、InDesignでオリジナルの文字組みアキ量設定を作成するためのポイントをロングバージョンで再演!

InDesignを使う場合の難関ともいえる文字組みアキ量設定。その機能を使いこなす第一歩として、オリジナルの文字組みアキ量設定を作成する場合の基本的な考え方を解説。

また、文字組みアキ量設定を使うとどのようなことができるのか、文字組みで拘ってみるポイントや作業を楽にするためのポイントを紹介します。

写真:大橋 幸二大橋 幸二(おおはし・こうじ)

都内を中心に活動するフリーランスのグラフィックデザイナー。印刷物やWebのデザインだけでなく、DTP関連の執筆なども行う。

著書に『Adobe InDesign文字組み徹底攻略ガイド』(ワークスコーポレーション)、『InDesignクイックリファレンス』(毎日コミュニケーションズ)など、DTP関連の著書が多数がある。

DTPの壺を主催。

InDesignのみならず、Illustratorをお使いの方も、「文字組みアキ量設定」は押さえておきたいところ。お見逃しなく!

詳細・お申し込みは、DTP Boosterのサイトから(ご参加には事前登録が必要です)。

MacBookやMacBook Proなどのノート型のMacには、homeキー、endキー、pageupキー、pagedownキーなどがありません。

InDesignでページものを編集している際、これらのキーがないと非常に不便です。

 一般ノート型
最初にページに移動homeキーfn+←
最後のページに移動endキーfn+→
次のスプレッドを表示option+pagedownキー(fn+)option+↓キー
前のスプレッドを表示option+pageupキー(fn+)option+ ↑キー

なお、[次のスプレッドを表示]を行う場合、Mac OS Xの[キーボード]システム環境設定[F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用]のチェックをオンしている場合には、fnキーを併用する必要があります。

面倒なようですが、Exposéを使うためには[F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用]のチェックをオンしなければなりません。

1267336272.png

オススメイベント

2019年5月18日開催。出演は、筑紫シリーズの書体デザイナーの藤田 重信さん(フォントワークス)ほか。

詳細・お申し込み

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2019(2018年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る