【【2009年10月】カテゴリの記事一覧】

Snow Leopard(10.6)を使用している際、ゲストアカウントで作業して、元のアカウントに戻ると、そのアカウントのデータがごっそり消える問題が生じているようです。

Apple representative admits this issue and said that Apple team is working on it.

アップルもこの問題を認め、調査中とのことです。Mac OS X 10.6(Snow Leopard)をご利用の方は、くれぐれもご注意ください。

519X04SKcUL._SL160_.jpg

2009年10月13日(火)19:00-21:00、デジタルハリウッド本校(お茶の水)セミナーホールにてDTP Booster 007(Tokyo/091013)を開催し、120名ほどの方のご参加いただきました。

今回のゲストは、大橋 幸二さん。「InDesign文字組みアキ量徹底攻略」リターンズと題して、InDesignの文字組みアキ量設定について、ロジカルにじっくり解説いただきました。

ご参加された方には、スライド、音声などを追ってシェアします。

なお、『雑誌デザイン虎の巻--文字を組む、版面を設計する』(ワークスコーポレーション)内で、大橋さんが執筆されているのは、pp.142-155です。私自身、立ち読みしたところ、この部分だけじっくり読みたくて、この書籍を購入しました。

_DSC4392_2.jpg

こちらの記事Mac OS X 10.6(Snow Leopard)のDTPへのインパクト - DTP Transitにて、Illustrator EPSファイルのQuick Lookは非対応と書いたのですが、Mac OS X 10.6(Snow Leopard)から対応していました。

といっても個人的にはEPSファイルは、もうかれこれ4年以上は使っていないので、あまり嬉しくはありません。

検証用のマシンに、Mac OS X 10.6(Snow Leopard)をクリーンインストールした直後でも、Illustrator(.ai)やPhotoshopファイル(.psd)をQuick Lookできるのは、少し感動でした。

フルスクリーンでQuick Look

Mac OS X 10.6(Snow Leopard)からは、option+スペースバーで、フルスクリーンでQuick Lookを開きます。これは使えそう!

ただし、[開く]ダイアログボックス内では使えません。

PhotoshopやInDesignでは、起動時にキーボードショートカットを押すことで初期設定をクリアすることができます。

Illustratorは、CS2からなくなってしまってしまったと思っていたのですが、実はダイアログボックスが表示されないだけで、クリアされるようなのです(クリアするキーのコンビネーションは、command+option+shiftキー)。

なお、ツールなどの設定はクリアされますが、パレット(パネル)の位置などはクリアされないようです...

オススメイベント

2019年5月18日開催。出演は、筑紫シリーズの書体デザイナーの藤田 重信さん(フォントワークス)ほか。

詳細・お申し込み

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2019(2018年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る