【【2012年12月】カテゴリの記事一覧】

2012年、DTP Transitをご覧くださり、ありがとうございました。 2013年もよろしくお願いいたします。

DTP Transitは8年目に突入

2005年11月にスタートしたDTP Transitは8年目に突入しました。 2012年には225件のエントリーをあげることができました。総エントリー数は1,359になりました。

昨年同様、TwitterやFacebookなどのソーシャル系のつながりが濃密な1年でした。

ページビューだけ見ると、お陰様で2010年:89万、2011年:137万、2012年:190万と増えています(Google Analyticsの解析データから)。

訪問数ユーザー数ページビュー数
2010450,297235,795892,110
2011726,424392,5271,375,463
20121,119,837630,3471,912,353

pageview.png

写真やデザイン、イラストなど、オリジナルのオリジナルのクリエイティブ・イメージを自由に投稿できるサイト「apollo」で、年賀状コンテスト2013の作品が募集されています。

募集期間は、2012年11月20日から2013年1月18日。テーマは自由だそうです。詳細は apolloのサイトから。

DTP Transitを読んでくださっている方はあまり使っていないと思いますが、Fireworksの話題です。

Fireworksでは、CS4以降、ドキュメントウィンドウ右下角の「ウィンドウサイズをリサイズするボタン」が消えてしまいました。

デフォルトでドキュメントウインドウは画面いっぱに広がりますが、PI([プロパティ]パネル)と右側のパネルを表示している状態で、ウィンドウサイズをリサイズしようとすると、パネルが広がってしまって、とても不便なのです。

Fireworks-resize-window.gif

crista6banner.png

2013年1月18日(金)19:30-21:00、クリーク・アンド・リバー社セミナールーム(麹町)でクリ☆ステVol.6『フォント、文字、組版に関するこだわりアレコレ』が開催されます。

講師を鷹野雅弘(スイッチ)が担当します。

「フォント選びがなっていなくて、組版が甘く、また、ちょっとした配慮が適切にされていない」。 プリントメディアの制作を経験されてきた皆さんは、Webの多くの制作物に対して、そのように感じています。 一方、プリントメディア/Webに関わらず、最近はじめた方、また、メインが制作でない方は、フォント、文字、組版に関して体系的に学ぶ機会が少なく、「そうは言われても・・・」と困ってしまうのではないでしょうか?

Illustrator CS6では、項目の値にマウスポインターを合わせ、マウスのスクロールホイール(マウスホイール)をぐりぐりすると、値が増減します。

この際、併用するキーによって、増減の度合いが変化します。

AiCS6-wheel.jpg

似たような機能に、Photoshop(CSから)やAfter Effectsにはスクラブスライダという機能があります。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る