iPadで閲覧用のPDFを書き出す(2)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2014年2月24日、更新日:2016年4月29日

以前、iPadで閲覧用のPDFを書き出すという記事を書きましたが、これの続編です。

 アプリケーション機能結果
AAcrobat Pro[プリフライト]機能
Bアクションウィザードバグで変換されない
C[色を置換]
DInDesignPDF書き出しオプションの[色分解]ROMM-RGBにごる
EsRGB

結論からいうと、A/C/Eがよさそうです。

  • Acrobatの場合:[プリフライト]機能、または、[色を置換]で「sRGB」を設定
  • InDesignの場合:PDF書き出しオプションの[色分解]で「sRGB」を設定

[A]Acrobat Proの[プリフライト]機能を使う

  1. [表示]メニューの[ツール]→[印刷工程]をクリック
  2. サイドバーの[プリフライト]をクリック
  3. [PDFフィックスアップ]をクリックして、[sRGBに変換]を選択
  4. [解析してフィックスアップ]ボタンをクリック
  5. [PDFファイルを保存]ダイアログボックスでファイル名と書き出し先を選択して実行

[B]Acrobat Proのアクションウィザードを使う

  1. [表示]メニューの[ツール]→[アクションウィザード]をクリック
  2. [アクション]から[Webとモバイルに最適化]をクリック
  3. [開始]ボタンをクリック
  4. [別名で保存]ダイアログボックスでファイル名と書き出し先を選択して実行

※追記あり。

[C]Acrobatの[色を置換]機能を使う

  1. [表示]メニューの[ツール]→[印刷工程]をクリック
  2. サイドバーの[色を置換]をクリック
  3. [出力インテント]の[カラーを出力インテントに変換]オプションにチェックを入れ、プロファイルに[sRGB]を選択
  4. [OK]ボタンをクリックすると、作業が開始される
  5. 別名で保存する

[D]InDesignのPDF書き出しオプションの[色分解](ROMM-RGB)

  1. [ファイル]メニューの[PDF書き出しオフセット]→[PDF/X-4:2008](など)を選択
  2. [書き出し]ダイアログボックスでファイル名と書き出し先を選択し、[保存]ボタンをクリックする
  3. [Adobe PDFを書き出し]ダイアログボックスで[色分解]カテゴリーに切り替え、[PDF/X]の[出力インテントのプロファイル]に「ROMM-RGB」を選択する
  4. [書き出し]ボタンをクリックして実行

[E]InDesignのPDF書き出しオプションの[色分解](sRGB)

  1. [ファイル]メニューの[PDF書き出しオフセット]→[プレス品質](など)を選択
  2. [書き出し]ダイアログボックスでファイル名と書き出し先を選択し、[保存]ボタンをクリックする
  3. [Adobe PDFを書き出し]ダイアログボックスで[色分解]カテゴリーに切り替え、[カラー]の[カラー変換]を「出力先の設定に変換」を選択、[出力先]に「sRGB IEC61966-2.1」を選択する
  4. [書き出し]ボタンをクリックして実行

追記(2014年3月19日):

Acrobat Proのアクションウィザードですが、Mac版Acrobat XI(11.0.06)では、プリフライトに失敗してしまうため、色変換を行うことができないようです。

action-wizard-fail-s.jpg

追記(2015年11月18日):

アドビ製の「Adobe Acrobat Reader」を使うと色化けしません。

現在、Acrobatは、Dropboxとの統合も行われています。

追記(2016年):

こちらもご参照ください。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る