Acrobat/PDF:FDFファイルのやりとり

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2009年6月15日、更新日:2011年1月 2日

Acrobat/PDFでの校正ワークフローの基本ですが、ご参考までに。

fdf.png

Acrobatでは、注釈(校正指示)のみをFDFファイルに書き出すことができます。FDFは、注釈情報だけなので、40KBとか、ものすごく軽いのが特長。

つまり、120MBあるPDFファイルの校正を、PDFファイルなしでやりとりできる、ということです。

fdf3.png

FDFファイルを受け取ったら、元のPDFと同じ場所においてダブルクリックすれば、PDFが開いて注釈が読み込まれるのですが、うまくいかない場合にはこんなメッセージが出ます。 その場合には、[はい]をクリックしてPDFファイルを指定します。

fdf2.png

なお、FDFファイルを書き出すには、[注釈]メニューの[注釈をデータファイルに書き出し...]をクリックします。 注釈ツールバーの[オプション]→[選択した注釈の書き出し...]を使えば、特定の注釈のみを選択することができます。

Acrobat-002.png

FDFによるやりとりの一番の醍醐味は、複数人の校正指示をまとめられること。 同時に、AさんとBさんに校正をお願いする場合、Aさんはこういってるけど、Bさんは異なる意見、といった場合、校正指示を俯瞰して見ることができるのは、紙ベースでは実現できません。 社内政治による意見調整や、校正による先祖返りに苦しんでいる方はには朗報かもしれません。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る