Illustrator?InDesign?どちらを選択すべきか

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2010年3月 6日、更新日:2016年4月21日

先日、次のようなご質問をいただきました。

イラレで作成したデータを印刷したときに「ルビがずれてしまった」という問題が発生しました。
原因は、文章の訂正により行が増えてルビがずれていたのですが、訂正個所より離れていたために気付かなかったということでした。 文章物ならインデザインで作成するのですが、デザイン性の高い物はイラレで作成します。 どのように作るのがベストなのか、或いは、ソフト自体の改良はないものでしょうか?

こちらへの回答をご参考までに。

こちらにも記載しましたが、下記などの点で、InDesignに優位性があります。

Illustratorが劣っているというわけではありませんが、Illustratorはあくまでもパーツ制作のツールというのが、CSの中でのIllustratorの位置付けのようです。

  • ルビ(ふりがな)
  • 段落境界線(段落前後に設定する罫線)
  • 先頭文字スタイル(文字スタイル適用の条件設定)
  • アピアランスを使わずに実現できるフチ文字(デフォルトで線が背面)
  • インライングラフィック(文章中に挿入する画像)
  • 表組み

ページものを前提にしたときには、さらに次に挙げるアドバンテージがあります。

  • マスターページ機能
  • 自動ページ番号
  • ブック(複数のドキュメントをまとめ、ページ番号を通したり、スタイルを同期する)
  • 目次と索引

そのほか、出力を前提とした次の機能などもあります。

  • プリフライト機能(出力前のチェック機能)
  • パッケージ(画像の収集)機能

ソフト自体の改良はないものでしょうか?

私の知る限り、アドビはIllustratorとInDesignの用途を切り分けており、上記についてIllustratorを強化することは当面ないと思われます。

どのように作るのがベストなのか

ルビをはじめとする上記のような要素がある場合、迷わすInDesignを選択されるのがベターだと考えます。

どちらが便利、というより、どちらが事故が少ないか、という観点でしょうか。

ご参考:

後者のあかつき@おばなのDTP稼業録にて触れられているInDesignにはほぼリアルタイムの自動保存機能があるは、アドビのすべてのアプリケーションに搭載して欲しい機能です。

追記(2016年4月):

パッケージ(リンク画像の収集)、自動保存は、Illustrator CCで実装されています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年2月に発売します。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る