アピアランスを使っているときに使い分けたいIllustratorの「プレビュー境界」オプション

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2013年9月 9日、更新日:2015年12月13日

Illustratorの[一般]環境設定に[プレビュー境界を使用]というオプションがあります(デフォルトはOFF)。

AICC-preview-outline-s.png

たとえば、次のように「形状に変換」アピアランスを設定した2つのオブジェクトがある場合を考えてみましょう。

AICC-preview-outline-2.png

[プレビュー境界を使用]オプションをOFFのままでキーオブジェクトを設定し、[整列]パネルの[等間隔に分布]をクリックすると、

AICC-preview-outline-5.png

次のように文字のみを対象として、くっついてしまいます。

AICC-preview-outline-3.png

[プレビュー境界を使用]オプションをONにしてから整列を行うと、見た目と同様に、黄色いボックスがくっつくように整列します。

AICC-preview-outline-4.png

このままだとくっついているところの罫線に二重に見えてしまうので、多少、調整は必要ですが...

追記

[整列]パネルのパネルメニューから設定することもできます。[情報]パネル、または、[変形]パネルにあった方が理にかなっているのですが...

AICC-preview-outline-6.png

Illustrator CS3でも同様です。

AICS3-preview-outline.jpg

ご参考

ご参考(「形状に変換」関連)

追記(2015年3月24日):

トラッキングをかけているとき、[オブジェクトのアウトライン]効果をかけても、バウンディングボックスがフィットしません(オレンジ部分は、[値を追加]を「0」に設定したもの)。

こんなときにも、環境設定で[プレビュー境界を使用]オプションにチェックを入れれば解決します。

追記(2015年12月13日):

三階ラボさんから、プレビュー境界ON/OFFを切り換えるスクリプトが公開されました。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年2月に発売します。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る