Illustratorで、特定のテキストの文字サイズを大きくするときに行間が乱れてしまう現象への対応策

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2017年8月10日、更新日:2017年8月11日

行送りが自動でも固定でも、文章内で特定のテキストの文字サイズを大きくすると、行間が乱れてしまいます。

次のように設定すると、均等な行間が実現できます。

  • 文字サイズでなく、垂直比率と水平比率を使う
  • ベースラインを「中央」から「欧文ベースライン」に変更する
  • ベースラインシフトを調整する

垂直比率と水平比率で見かけの文字サイズを変更する

垂直比率と水平比率を同時に調整します。 文字サイズはそのままで、見かけ上の文字サイズが変更されます。

  • shiftキーを押しながらスピンボタン(▲)をクリックすると、10%刻みで増減する
  • 垂直比率と水平比率を同時にリセットするには、command+shift+Xキー

なお、1文字であれば、[文字タッチツール]を使うのがラクです。

ベースラインを「中央」から「欧文ベースライン」に

[文字揃え]を「中央」でなく、「欧文ベースライン」に設定します。

さらに、必要に応じてベースラインシフトを調整します。

まとめ

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月、2016年7月、11月に増刷(現在「五刷」)。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

最新版への対応

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る