InDesignで文字数をカウントする

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2012年9月 6日、更新日:2013年12月11日

本日のセミナーで「InDesignで文字数をカウントするには?」という質問をいただきました。

最初、[表示]メニューの[グリッドとガイド]→[文字数を表示]と思ったのですが、出ません。

これが表示されるのは、フレームグリッドのときだけなんですね。「21W x 7L=147(101)」のように「行数×1行の文字数=総文字数(実際に使っている文字数)」でカウントされます。

テキストフレームの場合には、[情報]パネル内に表示されます。ただし、文字を選択している必要があります。

メモ

  • 連結しているテキストフレームはカウントできる(選択すれば)
  • [ストーリーエディターで編集](command+Y)のUI内でもカウントできない

翻訳の仕事では、文字数単位で計算するとのことで、カウントする機能が必要とのことでした。テキストフレームが分かれているときに、うまい方法があればいいのですが...

追記(2013年12月11日):

文字カウント表示を拡大するには、[フレームグリッド設定]ダイアログの[表示オプション]→[サイズ]に大きめの数値を入力します。

これは見落としていた!

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る