InDesignビギナーに贈る「はまりポイント」集

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2014年1月22日、更新日:2014年1月22日

InDesignは、ちょっとクセがあるアプリケーションで、IllustratorやPhotoshopに慣れていても、いや、慣れているからこそ、迷うことも多くあります。

InDesignをはじめるときに、はまるポイントについてまとめてみました。

新しいドキュメントを作ろうと思ったら出てくる「レイアウトグリッド」と「マージン・段組」、どっちを選べばいいの?

「マージン・段組」を選択してください。「レイアウトグリッド」は、文庫本など、文字中心の書籍で使います。

[マージン・段組]の設定で([組み方向]で)「横組み」を選択しようとしたけど、文字を入力しようとしたら縦組みになっちゃう。どうすればいいの?

入力前後に[書式]メニューの[組み方向]で「横組み」を選択してください。

デフォルトを変更したい場合には、[ストーリー]パネルで[組み方向]に「横組み」を選択してください。

[ストーリー]パネルを表示しするには、[ウィンドウ]メニューの[書式と表]→[ストーリー]をクリックします。

文字ツールでクリックしても、文字を入力できないんだけど!!!

まず、文字ツールでドラッグしてフレーム(ボックス)を作ってください。InDesignでは、文字(や画像)は必ずフレームに入っている必要があります。

画面のスクロール、文字編集中はoption+ドラッグ、それ以外は(IllustratorやPhotoshopと同じ)スペース+ドラッグ、どっちやねん?

option+スペース+ドラッグで両方いけます。

文字サイズを変更しようとしたら「13Q」みたいに出てくるけど、何これ?

日本では、従来、文字サイズに「級」(Q)、行送りやカーニングには「歯」(H)という単位が使われていました。環境設定の[単位と増減値]で「ポイント」に変更できます。

なお、1Q=1H=0.25mm。いいかえれば、1mm=4Qです。Qはquarter(1/4)と覚えるといいでしょう。ちなみに、1インチ=72ポイント≒2.54cmです。

command+0(command+1)を押しても全体表示(100%表示)にならないけど、どうして?

InDesignでは、(IllustratorやPhotoshopと異なり)command+0にテンキーの0を使うことができません。テンキーじゃない方の0(1)を使うか、Mac環境なら、FILL InDesignというユーティリティを入れるとテンキーでも使えるようになります。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る