映画の字幕っぽいフォント

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2006年2月25日、更新日:2017年5月10日

映画の字幕といえば、すごくクセがありますが、視認性を追求して今のようになっているとかいないとか...... DVDではあのフォントがないだけでちょっと気分でなかったりします。

さて、DTPで使える映画の字幕っぽいフォントを紹介します。

cinema.gif

ひとつはフリーフォントで「しねきゃぷしょん」(Windows、Macintosh版あり)。

もうひとつは視覚デザイン研究所の「アドミーン」。こちらは細/中/太/特太/極太のウェイトが揃っていますが、それなりのお値段がします。 書体見本はこちらです。

しねきゃぷしょんの方が、それっぽい感じです。

追記(2013年12月24日):

フォントワークスの「ニューシネマA」がいい感じです。ニューシネマBには““空気穴あき””が施されています。どちらも1ウエイトのみ。

「CinemaTime」と「OS Cinema」は、FontPavilionに入っていたフォントです。どちらも1バイトフォント。

cinema-font.png

「CinemaTime」は、フロップデザインさんのサイトに(きねまたいむ)として紹介されていますが、現在、ダウンロードはできないようです。

フォントコレクション(2980円)には入っているようです。

追記2:

追記(2015年8月9日):

こちらの記事は必読です!

追記(2015年9月16日):

モリサワからは「シネマレター」がリリースされています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る