確定した文字の再変換(+ATOK 2014)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2014年6月15日、更新日:2014年6月20日

ASCII.jpにて、ナイスな記事が掲載されていました。

誤変換した文字を「Delete」キーで消して再入力するのは面倒だし、何よりアウトプットの流れが止まってしまいストレスになる。

ATOKだと、control+shift+Yキーですね。

atok-saihenkan.jpg

記事中にも記載されているように、再変換だけでなく、読みを調べるときにも利用できます。

ウェブページなどにある難しい漢字の読みを調べることも可能だ。漢字をコピーし「テキストエディット」などに貼り付け、「かな」2度押しで再変換すれば読みを確認できる。

テキスト入力が「US」になっている場合、英数字の再変換を行うことはできません。次の図のように、「US」を削除するには、「ATOK、ことえり、US」をアクティブにしてから、「US」「ことえり」の順番で削除します。

ATOK 2014

ATOKといえば、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)で紹介されていた次期バージョンに搭載されるという数字の自動桁区切りカンマ挿入支援機能がものすごくいい感じです。

ムービーでは3:00くらいから。

追記(2014年6月17日):

訂正です。

カンマ区切り挿入機能そのものは、前からありましたが、入力中に桁区切りと同時に「2億」「2000万」のような漢数字が推測候補ウィンドウに表示されるようになっていることが新しいとのことです。

ご参考までに、テンキーから入力すると“半角数字”で入力されてしまうので、現在の可能なカンマ区切り挿入機能を使うことができません。shiftキーを押しながらだと可能です(郵便番号入力と同じ考え)。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る