【Apple】カテゴリの記事

「のコピー」はいいとしても「 のコピー」と半角スペースが入るのがイヤで、病みつきエンジニアブログさんのこの記事を見て「-v2」とかになるようにしてみました。

terminal-change-of-copy.jpg

次の条件によって、デスクトップでのRetina環境がようやく実現できるようになりました。

  • OS X Mavericks(10.9.3)
  • MacBook Pro (Retina, Late 2013) または Mac Pro (Late 2013)
  • 4Kモニター(Sharp PN-K321、ASUS PQ321Q、Dell UP2414Q、Dell UP3214Q、Panasonic TC-L65WT600)

その際、ディスプレイ環境設定は、次のようになります。いわゆるスケーリング解像度が可能になるので「1920 x 1080」以外の設定も可能。

Retina-Display-setting-minishadow.jpg

OS-X-Mavericks-logo.png

Mac OS Xの10番目のアップデート版(10.9)となるOS X Mavericksが本日リリースされました。なんと、アップデート費用は無料。

これまでMac OS Xのコードネームに採用されてきた「Cheetah」「Puma」「Jaguar」「Leopard」「Lion」など、ネコ科の動物名は終了。今回のMavericks(マーベリックス)は、カリフォルニア州の海岸の名前だそうです。

icn_iBooks_512.png

主な機能は次のとおり(ざっくりと)。

  • Finderの強化(タブのサポートなど)
  • マルチモニターのサポートの改善
  • スタンドアローンのiBooksアプリ
  • 省電力の改良(バッテリー効率の改善)

MacでEPUBを閲覧できるようになるのは、望ましい進化ですよね。

Mavericks-new-feature.jpg

インストール可能なMacのモデル

  • iMac(Mid 2007以降)
  • MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
  • MacBook Air(Late 2008以降)
  • Mac mini(Early 2009以降)
  • Mac Pro(Early 2008以降)
  • Xserve(Early 2009)

早くRetinaタイプの大型ディプレイが出ないかな〜と、日々待ち続けている鷹野です。

クラムシェルモード (内蔵ディスプレイを閉じた状態) で外部ディスプレイを使用するには、MacBook Pro(の蓋)を閉じておく必要があります。

しかし、かなり熱がこもってしまうため、長時間使うのは好ましくありません。2012年5月の故障は、おそらくこの熱暴走が問題。

DTP Transitを読んでくださっている方はあまり使っていないと思いますが、Fireworksの話題です。

Fireworksでは、CS4以降、ドキュメントウィンドウ右下角の「ウィンドウサイズをリサイズするボタン」が消えてしまいました。

デフォルトでドキュメントウインドウは画面いっぱに広がりますが、PI([プロパティ]パネル)と右側のパネルを表示している状態で、ウィンドウサイズをリサイズしようとすると、パネルが広がってしまって、とても不便なのです。

Fireworks-resize-window.gif

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2019(2018年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る