【Apple】カテゴリの記事

15MBPR_34_Op_ApertureZebras_PRINT.jpg

DTP Transitでは、以前からシニアデザイナーの老眼問題を扱ってきました。

これの解決策のひとつがRetinaディスプレイです。

2012年6月にMacBook Pro Retinaディスプレイモデル というものが発売されましたが、これが素晴らしい。

ずっと裸眼で生活してきて、突然、コンタクトレンズを付けた感じ。

Macを使いはじめて20年。これまで壊れたことがあまりないのですが、メインマシンになっているMacBook Proが壊れてしまいました。

ご参考までにそのときのメモを。

状況と自分でできること

起動してアップルマークが出た後、しばらくすると、画面が真っ白になってしまい、そのまま何も起こらないという状況になってしまいました。

  • とりあえずPRAMクリア(再起動時に⌘+option+P+Rキーを押す)
  • すべての周辺機器、ACアダプタを抜いて、パワーボタンを10秒押し続けて起動
  • リカバリ用のCDを入れて、Cキーを押しながら再起動
  • セーフブート(shiftキーを押しながら起動)

上記を実行しても状況が変わらず、ほかのMacに、ターゲットディスクモードでつなぎます。

  • 起動時にTキーを押して、ターゲットディスクモードで起動
  • 2代目のMacとFireWireケーブルで接続し、念のためバックアップ
  • システム環境設定の[起動ディスク]で、(壊れたMacの)システムを選択して再起動
  • ターゲットディスクモードで起動すると、Adobe CSやATOK、MS Officeなどのライセンス認証をすべてやり直す必要があります

すると、難なく起動したため、グラフィックス系(VRAM)と判断し、アップルストアに持ち込むことに。アップルストアに行くときには、Genius Barの予約をしてから。

最近、デモで使っているMacBook Proに貼ってあるステッカーについてよく聞かれます。

こちらは、quoteにて取り扱っています。

quote

product-air-13in.jpg

昨年(2010年)10月に発表されたMacBook Airがバカ売れしているようですが、「軽い」以外の大きな要因のひとつに速いという点が挙げられます。

2008年の初代MacBook AirではオプションだったSSD(ソリッドステートドライブ)が、現行のMacBook Airでは標準になっていることで、全体の動作がキビキビしています。

使いたいものを使えばいいとは思うのですが、日本で購入するときにはJISキーボードがデフォルトのため、USキーボードという選択肢を知らない方もいらっしゃるようなのでお伝えしておきます。

apple-keyboards-US-JIS.jpg

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2019(2018年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る