ポスターなどでのタイトルの文字の調整の実際

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2011年5月12日、更新日:2011年5月15日

年に一回、担当させていただいている多摩美術大学 デザイン学科向けの「Illustrator/Photoshop」セミナーを5月9日、10日に終了しました。

そのフォローアップ的な記事です。

paris-title-61.jpg

なお、この素材は『Illustrator CS4 完全制覇パーフェクト』のものです。

日付

日付における年月日の文字や曜日、また、金額などの単位(円とかkmとか)は少し軽くしてメリハリをつけた方が、情報として文字列の内容を理解しやすくなります。

  1. "打ちっ放し"
    paris-title-41.jpg
  2. 年月日や曜日が少し"重い"のでフォントサイズを下げました。
    paris-title-42.jpg
    Illustrator CS以降は[文字]パレットメニューから[文字揃え]を「中央」から「欧文ベースライン」に変更しておくこと。
    paris-title-43.jpg
  3. パーレン(丸括弧)を削除し、水、金をそれぞれ異体字切り替えで記号にします。
    paris-title-44.jpg
  4. 異体字切り替えを行うには、まず、[書式]メニューの[字形]をクリックして、[字形]パネルを表示し、
    paris-title-01.jpg
    「フォント全体」を「現在の選択文字の異体字」に変更し、変更したい文字をダブルクリックします。
    paris-title-03.jpg
  5. 「--」が重いので、ウエイトを下げます(「小塚ゴシックPro B」から「小塚ゴシックPro L」に変更)。
    paris-title-45.jpg
  6. 書体によっては、水平比率を変更して横幅を短くした方が自然です。
    paris-title-46.jpg
  7. 「水」と「金」を記号に変更すると、ちょっとつぶれがちなので、フォントサイズを上げてみます。
    paris-title-51.jpg
    ベースラインを下げて位置を調整します。
    paris-title-48.jpg
  8. カーニングを調整します。
    paris-title-49.jpg
    さらに「10月27日」を「10月28日」に変更します。27日が水曜日で30日が金曜日ということはありえません。
    paris-title-50.jpg
    手元に来た原稿をそのまま作業すればよい、ということはなく、最低限の日付チェックや送り仮名、欧文スペルチェックを行いましょう。ただし、勝手に変更するのでなく、メモを添え、上司なり先方(=クライアント)に確認を取ること。

括弧の扱い

文章中にある括弧と異なり、タイトルの括弧はある意味なくてもいいので、極力軽く見えるように扱います。

  1. "打ちっ放し"の状態。
    paris-title-04.jpg
  2. ちょっと括弧が重いので、ウエイトを下げて細くしてみました。
    paris-title-05.jpg
  3. そもそも「大カギ」がイヤ、ということで、縦棒が短い小カギを持っているヒラギノフォントに変更すると、デフォルトでは、W3が一番軽いウエイトなので、重くなってしまいました。
    paris-title-06.jpg
  4. 「ヒラギノ角ゴStd W1」を使うとこのように軽くなります。
    paris-title-07.jpg
  5. ポスターや雑誌などのタイトルでは、ベースラインシフトとカーニングを使って、次のように括弧の位置を調整するか、
    paris-title-13.jpg
    そもそも括弧を文字として使わず、罫線で表現します(こちらが一般的)。
    paris-title-32.jpg
    縦棒と横棒の長さが揃うように、正方形を分割して罫線として使います。
    paris-title-31.jpg

かなの扱い

そもそもデジタルフォントのかなが大きいという議論もありますが、タイトルにおける助詞などのかなは、小さくするのが一般的です。

  1. 打ちっ放しの状態。
    paris-title-08.jpg
  2. 「の」のフォントサイズを下げました。
    paris-title-09.jpg
  3. フォントサイズを下げると細く見えてしまうので、ウエイトを上げて調整します(「小塚ゴシックPro L」から「小塚ゴシックPro R」に変更)。
    paris-title-10.jpg
  4. 同じ文字サイズでも「咏」が若干小さく見えます。「咏」だけ、若干、フォントサイズを上げます。
    paris-title-12.jpg
  5. 「の」の前後や括弧など、カーニングを調整します。
    paris-title-102.jpg

欧文の扱い

  1. ここで選択している「George」ではカーニングを「自動」にしても詰まりません。
    paris-title-81.jpg
  2. 「オプティカル」にするとある程度、詰まりますが、「PARIS」の「PとA」、「AとR」のアキが均等でなく感じたり、また、「CHANSON」の「CHAN」部分に比べて、「NSON」が詰まっているように感じます。
    paris-title-82.jpg
  3. 調整したい文字間にカーソルをおいて、option+矢印キーで手詰めします。
    paris-title-83.jpg
  4. ある程度、詰めた上で文字全体に対してoption+→でトラッキングをかけることもあります(テキストオブジェクトとして選択するか、文字すべてを選択)。その場合は、仕上がりを見ながら、再度、文字間の調整が必要になります。
    paris-title-84.jpg
  5. 横幅はあまり変わっていませんが、こうしてみると違いがわかります。
    表示サイズによっても印象が異なるので、ズーム比率を変えたり、プリントアウトして確認しましょう。
    paris-title-86.jpg

まとめ

このように見ていくと「打ちっ放し」はありえないことが理解できるでしょう。

paris-title-65.jpg

ルビ(送り仮名)の位置の調整も必要ですね(これはこれで奥深い)。

paris-title-64.jpg

場合によっては、「巴里」の文字がほかと面合わせになるように、左側に位置を調整したりすることがあります(その場合、「は左側に飛び出してしまいますが優先順位をどこにおくか、また、背景などによって)。

paris-title-63.jpg

追記:

辻さん、すずきさんからご指摘いただき、「10月26日」を「10月28日」に変更しました。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

Illustrator CC 2015への対応

Illustrator CC 2015への対応版は準備していません。おそらく、次期バージョン(Illustrator CC 2016?)に併せて改訂します。Illustrator CC 2015に関する情報は、サポートページにて公開します。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年に発売されたロングセラー書籍『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年10月に技術評論社から発売、現在、四刷です。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る