IllustratorとInDesignの「変形」の差異

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2013年12月22日、更新日:2014年7月 6日

InDesignの「変形」は、Illustratorの「変形」と異なる点が多いため、改めてまとめてみました。

InDesignは、変形のリセットを行える

回転やシアー(傾斜)などの変形を行った際、InDesignは[変形]パネルメニューの[変形を消去]をクリックして、リセットすることができます。

Illustrator CCの[変形]パネル

InDesign CCの[変形]パネル

拡大・縮小時の線幅

Illustrator

[拡大・縮小]ダイアログボックスの[線幅と効果も拡大・縮小]オプションにチェックを付けると、線幅も同時に拡大縮小されます。

デフォルトでは、[線幅と効果も拡大・縮小]オプションは、オフになっています。

InDesign

[一般]環境設定の[オブジェクト編集]で、[拡大/縮小率を調整]オプションを選択すると、線幅は変化しません。[内容に適用]オプションを選択すると、線幅も変化します。

デフォルトは、[内容に適用]オプションがチェックされています。

上記をまとめると次のようになります。

線幅(固定)線幅(変更)
Illustrator[拡大・縮小]ダイアログボックスの[線幅と効果も拡大・縮小]オプションチェックをオフチェックをオン
InDesign[一般]環境設定の[オブジェクト編集][拡大/縮小率を調整]オプションを選択[内容に適用]オプションを選択

[変形]パネルメニューの[拡大/縮小時に線幅を調整]

[一般]環境設定の[オブジェクト編集]で[内容に適用]オプションを選択しているとき、[変形]パネルメニューの[拡大/縮小時に線幅を調整]オプションをオフにすることができます。この場合、フレームの拡大縮小時に、線幅は変化しません。

[拡大/縮小率を調整]オプションを選択しているときには、このオプションは、グレーアウトして選択できなくなります。

拡大・縮小時の文字サイズ

Illustrator

Illustratorで、エリア内文字が設定されているオブジェクトを拡大縮小してみましょう。

このサンプルのように、50%に縮小すると、文字サイズも半分の6ptになります。

InDesign

次のサンプルで考えてみましょう。

[一般]環境設定の[オブジェクト編集]で[内容に適用]オプションを選択してから、フレームを縮小(拡大)すると、Illustratorのように文字サイズも変化します。

[拡大/縮小率を調整]オプションを選択すると、見た目上の文字サイズは変化しますが、[文字]パネルの値は、「40Q」のまままです。

InDesignでの拡大・縮小時の線幅と文字サイズについてまとめると、次のようになります。

[一般]環境設定の[オブジェクト編集]
[内容に適用][拡大/縮小率を調整]
線幅線幅も変化する線幅は変わらない
文字サイズ文字サイズが変化し、[文字]パネル内の文字サイズの値も変化する文字サイズは変化するが、[文字]パネル内の文字サイズの値は変化しない

うーん、ややこしい... ヘルプには、次のように書かれていますが、ややこしいですね。

InDesign では、サイズ変更と拡大 / 縮小は別個の操作です。サイズ変更は単にオブジェクトの幅と高さの値を変更するだけのものです。拡大 / 縮小には、フレームの元の比率(100 %)に関連するパーセント値の使用が含まれます。
サイズ変更と拡大 / 縮小の違いは、すぐには見分けがつかない場合があります。

追記(2014年7月6日):

Illustrator CC 2014のライブシェイプでは角度のリセットが可能になっています。ただし、長方形と角丸長方形のみが対象です。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月、2016年7月、11月、2017年9月に増刷(現在「6刷」)。前書(2011年版)と合算すると38,000部のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

最新版への対応

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る