InDesign CS3までは行の高さは「行幅」

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2008年7月 6日、更新日:2011年1月 2日

InDesignでは、メニューバーの[表]→[行幅の均等化]や、[セルの属性]ダイアログボックス内[行と列の設定]タブの[行の幅]など、表組み関連の設定の際、「行幅」という用語が出てきます。

岩波国語辞典で「幅」を引くと「横方向の広がりの度合。」と出てきますが、幅には"横方向の"というニュアンスがあるので、「行の高さ」または「行高」が適切ではないでしょうか?

追記:

InDesign CS4では「行幅」が「行高」に

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る