知っていて当然と思いつつも、そうでもないかもしれない10の小技+2

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2010年11月17日、更新日:2014年3月 6日

日々の作業効率アップは、ちょっとした操作の積み重ねによって実現します。これを使えば早いのに......とたまにお見受けるポイントをピックアップしてみました。

  • Open/Saveダイアログボックス内でcommand+Dキーを押すと、デスクトップに移動
  • Finder(ウィンドウ)を選択中、command+shift+Dキーを押すと、デスクトップが表示される
  • 日本語入力がオンの状態でshift+スペースを押すと、半角スペースが挿入される
  • Finderウィンドウや、Open/Saveダイアログボックス内で、半角英数字をタイプすると、タイプした文字のファイル名にジャンプする(そのため、ファイル名はなるべく英数字が望ましい)
  • Finderウィンドウのサイドバーには、フォルダを登録できる
  • Finderウィンドウのツールバーには、よく使うアプリケーションやファイル、フォルダを登録できる
  • Finderウィンドウは、変更日を表示できるので、リスト表示が望ましい。使う頻度が高いドキュメントは、最近使った順に並べると探しやすい
  • command+tabキーのアプリケーション切替をスピーディに行うと、直前使ったアプリケーションを行き来できる
  • アドビ製のアプリの[アプリケーションを隠す]には、Sparkを使ってcommand+Hキーを割り当てるといい。
  • キーボードショートカットの設定には、MenuMasterが超便利。ただし、アドビ製のアプリではアプリケーションの設定を上書きできないことがある。

おまけ

  • 仕事でMacを使うなら、Default Folderは必須。これが入っていないMacで仕事することは考えられない。
  • アドビ製のアプリでは、タブ統合時にF10が効かない。Mac OS Xのキーボードショートカットをcommand+`(バッククオート)キーに変更しておくと、ドキュメント切替がスピーディ(Illustrator CS5:開いてるドキュメントを切り替えるキーボードショートカット)。このためだけでも、USキーボードを使う意味がある(JISキーボードではcommand+`キーは面倒)

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る