Finderでファイルを複製するときに「のコピー」でなく「v2」となるように変更する

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2014年6月13日、更新日:2014年6月13日

「のコピー」はいいとしても「 のコピー」と半角スペースが入るのがイヤで、病みつきエンジニアブログさんのこの記事を見て「-v2」とかになるようにしてみました。

terminal-change-of-copy.jpg

手順

  1. ターミナルを起動する
  2. ターミナルで次のように入力する
    cp /System/Library/CoreServices/Finder.app/Contents/Resources/Japanese.lproj/Localizable.strings ~/Localizable.strings
  3. ターミナルで次のように入力する
    plutil -convert xml1 ~/Localizable.strings 
  4. ターミナルで次のように入力する
    open -e ~/Localizable.strings
  5. 1800行目ぐらいの「^1 のコピー」を「^1-v2」に変更する(画像では1行上の「N4_V1」を検索で探しています)
  6. ターミナルで次のように入力する
    plutil -convert binary1 ~/Localizable.strings 
  7. ターミナルで次のように入力する
    sudo cp ~/Localizable.strings /System/Library/CoreServices/Finder.app/Contents/Resources/Japanese.lproj/Localizable.strings
    パスワードを求められるので入力する
  8. ターミナルで次のように入力する
    killall Finder
    (Finderを再起動する)

簡単にいうと、Finder.app内の「Localizable.strings」をファイルをいじるのですが、そのままではテキストエディタでは開けないので、いったん「符号化」を作業を行い、テキストを編集後、さらに「復号化」という作業を行うということのようです。

terminal-change-v2-minishadow.jpg

なお、元記事の「open -e ~/Localize.strings」は「open -e ~/Localizable.strings」が正しいようです。いずれにせよ、ほぼ、丸パクリのような記事になってしまいましたが、ご教授感謝です!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る