Forward DeleteをKeyRemap4MacBookで実装する

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2010年11月29日、更新日:2010年11月29日

apple-keyboards-US4.jpg

MacBookなどのラップトップタイプのMacには、Delキーがありません。現在は、Deleteキーになっていますが、よく見ると次のようなマークがついていて、基本的に異なるものです。

del.gif

InDesignのキーボードショートカットにテンキーが必要なのに、ラップトップタイプのMacで実行できないとと同じように、delキーが使えないのは何かと不便です。

キートップdeletedelete
別名backspacedel/Forward Delete
文字編集中、文字を選択していないときカーソルの左側の文字を削除カーソルの右側の文字を削除
Excelで複数セルを選択中最初のセルのみをクリア選択されている
すべてのセルの内容をクリア

KeyRemap4MacBookを使うと、shift+deleteでdelキーを実行することができるようになります。

KeyRemap4MacBook-s.gif

なお、InDesignのキーボードショートカットのカスタマイズで[右の1文字を削除]にshift+deleteキーを設定しても機能しないバグもこれで回避できます。

InDesign-shift-delete-s.gif

追記(11月29日)

「fn+deleteキーの組み合わせでもいけるよね」というコメントをいただきました。そうですね、でもJIS配列の場合、fnキーの位置が位置なので、いや〜な感じです。

apple-keyboards-fn-delete.jpg

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る