Acrobatで[ページ指定]ダイアログボックスのキーボードショートカットを変更する

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2012年12月 9日、更新日:2014年1月21日

icn_Spark_128.png

InDesignを中心に作業している方は、校正などの戻りPDFをAcrobatで開いて、InDesignと交互に作業していることが多いと思います。

InDesignの[ページへ移動]のキーボードショートカット「command+J」を、Acrobatで押すと[JavaScriptデバッガー]ダイアログボックスが出てきてうんざりされている方は、Sparkを使って回避できます。

結論からいうと、SparkでMenu Itemの設定を行うとき、Application DrawerでAcrobatのみにチェックを付けます。

備考:キーボード[システム環境設定]の[キーボードショートカット]ではAcrobat、および、アドビのアプリケーションは対象になりません。

設定手順

  1. Sparkを起動し、[File]→[New Hot Key]→[MenuItem]を選択します。
  2. [Application]のプルダウンメニューから、「Adobe Acrobat.app」を選択します(事前にAcrobatを起動しておきます)。
  3. [Acrobat]をクリックすると、Acrobatのメニューにアクセスできるようになるので、[表示]→[ページナビゲーション]→[ページ...]を選択します。
  4. [Menu]、[Menu Item]にそれぞれ、設定したメニュー項目名が入るので、[Shortcut]欄をクリックして、command+Jを押し、[Name]に「ページジャンプ」のように入力します。
  5. [Window]メニューの[Toggle Application Drawer]をクリックして、Application Drawer(ダイアログボックス左側)を表示します。
  6. [+]ボタンをクリックしてAcrobatを追加し、[ページジャンプ]にチェックを付けます。
  7. 忘れずに、Application DrawerでAcrobat以外のアプリケーション(Keynoteなど)を選択し、[ページジャンプ]のチェックをはずしておきます。

「わかばマークのMacの備忘録」さんの次の記事を参考にしました。ありがとうございます!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る